« 一段落です(終わりじゃないけど) | トップページ | 分業のご提案,でしょうか? »

どこまで言うべきか,いつも迷います

 今日は小ネタです。

<事例1>
 会社の大先輩が、毎日「酸素水」を買って飲んでいました。(※1)
 「スキッとする」と表現なさっていて、別に効能は信じていないと仰っていたのですが、ある日突然「これ、科学的にはどう思う?」と聞かれました。
 私、会社でニセ科学どころか、科学の話すらしたことが一度もありませんでしたし、「酸素水」についても何もコメントしたことはなかったのですが、微妙に表情に表れていたのかもしれませんw

 聞かれたので仕方なく、
「酸素って、溶かそうとしてもそんなに大量に水に溶けるものではないらしいですね。あと、私達って普通肺から酸素を取り入れていますけど、それが胃に入ったとして一体どうなるのか、ちょっと良く分かんないですね」
 とお答えしました。私としてはなるべく角を立てないようにしたつもりですw

 先輩はニコニコしながら大きくうなずいて「うん、そうだよなあ」と仰ってくださったのですが、しばらくすると酸素水は見かけなくなりました(^-^; いや、ただ単に会社の自動販売機から無くなっただけかも知れませんが。

<事例2>
 飲み会の席などで良く出る血液型の話(女性が複数で参加するとやっぱり出やすいですね)。黙って聞いているんですが、やっぱりいろいろ知ってしまうと、参加しづらいですw
 私の周りでは、「信奉している」とまで言える人はいないのが救いですが、それでも普通に正しいと思っている人はいます。
 「国によってはほとんど一種類の血液型しかいないらしいですね」とか「B型って、韓国ではかなりひどい言われ方したみたいですね。かわいそう」とかが精一杯。それすらも、話の流れによっては言わずに終わります。
 あーもう、何でお酒の席でこんなモンモンとしなきゃならんのだ!

<むしろ一番困っています>
 軽い気持ちの方に、どこまで言うべきなのか、いつも悩みます。

 これがン十万もするようななんたら還元水だったら、悩まないんです。本人の選択の余地は残しておいた上で、事実を事実としてお伝えするだけですから。
 占いのようなものだったら、むしろ一緒にワイワイやります。お互いに本気で信じていない前提でお話できますから。
 でも。

 1本150円の飲料水。宴会での場つなぎの話題。
 本人も信じていないと言います。美味しいから飲んでいる。みんな自分の血液型を知ってるから誰でも参加できるし盛り上がる。ただそれだけ。
 でもそれでも、他人から改めて否定されると、やっぱり興ざめしちゃいますよね。「別に信じてないけどね」なんてわざわざ言う時は,やっぱり何所かしらに期待が残っているんです。

 そのまま信じ続けたところでそれほど害のないモノ,無理に指摘すると「なんだアイツ,空気読めてないよな」とか思われちゃうくらいのモノ。知り合いだからこそ言ってあげたいけれど,知り合いだからこそ言いづらい微妙な領域。

 いいじゃん放っときなよ。などと思いつつ,こういった小さい積み重ねが心のハードルを押し下げて,もっと重大な問題に繋がっている部分もあるんじゃないかと感じる自分もいて,心が定まりません。

 正確な情報がもっと行き渡るようになって,普通の人が自分で,より正しい方向で,判断できるようになったらいいなあ。
 という想いだけで,いつも考えが止まってしまうのでした(^-^;

 

<注釈>
※1
 メーカーは,効能は謳っていなかったと思います。でも一般人の多くはどう考えているんでしょうね。

|

« 一段落です(終わりじゃないけど) | トップページ | 分業のご提案,でしょうか? »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/28245674

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで言うべきか,いつも迷います:

« 一段落です(終わりじゃないけど) | トップページ | 分業のご提案,でしょうか? »