« 水面だけを見ていると氷山の大きさを見誤るかもしれない、ということ | トップページ | 一段落です(終わりじゃないけど) »

自分の信じているモノにニセ科学のレッテルを貼られ,貶められていると思っている人に読んで欲しい文章

<初めに>
 このエントリを挙げるべきか迷いました。
 迷った理由は,このエントリの内容が,ブログにかけている縛りの範疇をやや逸脱しているから,そして内容の妥当性について私自身いまいち確信が持てないでいるからです。
 にも拘らず最終的にアップしようと決めたのは,現時点での私の考え方を表明しておく事は,将来にわたって私自身の行動及び指針に関するマイルストーンととしての意味を持つだろうと考えたからです。
 書いた本人がこんなことを言うのは変ですが,(^-^; 批判的な目で見ていただけると嬉しいです。

<本文>

 トップエントリで表明している通り、私はニセ科学批判の活動を支持しています。そして、ニセ科学批判者が運営しているホームページや掲示板、ブログなど を拝見するんですが、そこに時々ニセ科学側の人たちが入ってきて、ヒステリックな言動をかましていくことがあります(不穏当な表現でごめんなさい)。

 もしかしたら彼らは、我慢して、我慢して、我慢しきれなくなって爆発した状態で乗り込んでくるのかもしれません。嘆き悲しみ、やるせない気持ちを抱きながら来るのかも。
 でもハタから見ているとそういった事情は分かりませんから、ただただ取り付く島もなく感情的に叫んで去っていく、そのように写ってしまいます。

 彼らの言動を見ていて思うのが、多分彼らは攻撃のためじゃなく、必死の防御のつもりで来ているんだろうな、ということ。自分の価値観を守ろうと必死。目をそむけてしまいそうになるくらいの攻撃性も、自分がされたことをお返ししてやる、くらいの気持ちなんじゃないでしょうか。

 このエントリで私が言いたいことは一つだけ。

「ニセ科学批判(者)が否定しようとしている(※1)のは、人生における様々な事柄の中の、ごく一部分だけです。そして,それはむしろ科学(者)にとって必死の防御なんです」

 ニセ科学批判の場をしばらく眺めていて、私は以下のようなことに気がつきました。
 少なくとも現在行われている、少なくとも2ちゃんねるなどの雑多な場所でなく、しっかりと個人としてのアイデンティティ(時には本名)を持って活動されているニセ科学批判では、ニセ科学批判者はとても慎重に、批判すべき事柄と批判すべきでない事柄、踏み込むべき領域と踏み込むべきでない領域を切り分けている、ということです。(ただし,大槻名誉教授については判断を保留します(^-^;

 批判者の立ち位置、判断基準は、一人一人違います(元々、打ち合わせて活動しているわけではありませんから)。にも関らず、全ての人に共通している(と、私が感じる)のは、個人の選択の自由(※2)を、最大限尊重する姿勢です。

 以下、うまく要約できるかどうか分かりませんが、ニセ科学批判のスタンスを最大公約数的に表現してみます。

<ハブハンによる勝手な要約>
 ニセ科学(科学でないのに、科学を装うモノ)は好ましくない。
 なぜなら、ニセ科学は科学の信頼性を失わせると共に、社会に悪影響を与え、健全な社会活動を疲弊させるからだ。
 だから社会の一員である私達(ニセ科学批判者)はやむを得ず批判する。
 ニセ科学(を含む何か)を、科学的だと思って信じている人には、それが科学ではないと言うことを認識してもらいたい。
 科学ではないと充分承知した上で、それを尊重したり、信じたりするのは、その人の自由だ。
 ただし,人に勧めたり、広めたりするときも、科学を装わないで欲しい(※3)。
<要約終わり>

 えーと,やっぱりうまく要約できた自信がないので(^-^; 出来れば(不快なのをこらえて)どこか一つの場所だけでもじっくり読み込んで欲しいな、と思います。ニセ科学批判者たちの発言がきわめて限定的で、時には控えめですらあることに、きっと気付いて貰えると期待したいのですが。

 ニセ科学を商売に利用しているのでなければ、ニセ科学批判者とニセ科学擁護者との間には、きっと妥協点が存在します。でも、うまく妥協できていない。残念です。

 自問自答してみて欲しいのです。
 あなたの信じている事の中で,「それが科学である事」ってそれほど重要なファクターですか?(※4)
 ホントに大事なのって,それが与えてくれる価値観だったり,指針だったり,安心だったり,そういった科学以外の部分ではありませんか?
 科学には「科学」しかありません。彼等がそれを守ろうとするのを,理解してあげてくれませんか。そして,科学の唯一のアイデンティティを,彼等に返してあげてくれませんか。

<注釈>
※1
 「否定しようとしている」というのも不正確な表現ですね。科学の側は、本当は防御しようとしているだけですから。ただ防御行動の結果として否定されるものは厳としてあるわけで、最低限それは受け入れてもらわなければならない。そのニュアンスは外すべきではないと思いつつ、それを含めて表す別のうまい言い方が見つかりませんでした。

※2
 「選択の自由」と表記しましたが、ここにはいろいろな言葉が入ります。信教の自由、思想の自由、表現の自由、etc, etc...
 最も普遍的かなあ、と思って、本文中は「選択の自由」としておきました。

※3
 「科学を装う」というのは、「これは科学的に証明されていますよ」と言明する行為に加え、なんとなく科学っぽい用語を使ったり、言外に仄めかしたりしつつ、相手が科学と誤解する様に誘導する行為も含みます。

※4
 こう書きはましたが,「科学である事」って,普通の人にとってはとても大きな価値を持つものなのかも知れません。生存,安全,利便の面において,少なくとも今までは科学は劇的な成功を収めてきたので。
 ただ,「科学である事」「科学でない事」って,本来は価値の大きさを含まない概念ですよね。「世の中には科学で解明できない事がある」「科学には限界がある」「科学が全てではない」と心から言えるのなら,「科学を装う事」を捨てられると思うのです。

|

« 水面だけを見ていると氷山の大きさを見誤るかもしれない、ということ | トップページ | 一段落です(終わりじゃないけど) »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

>トップエントリで表明している通り、私はニセ科学批判の活動を支持しています。そして、ニセ科学批判者が運営しているホームページや掲示板、ブログなどを拝見するんですが、そこに時々ニセ科学側の人たちが入ってきて、ヒステリックな言動をかましていくことがあります(不穏当な表現でごめんなさい)。
(略)
少なくとも現在行われている、少なくとも2ちゃんねるなどの雑多な場所でなく、しっかりと個人としてのアイデンティティ(時には本名)を持って活動されているニセ科学批判では、ニセ科学批判者はとても慎重に、批判すべき事柄と批判すべきでない事柄、踏み込むべき領域と踏み込むべきでない領域を切り分けている、ということです。

これ、正反対ですよ。2007年8月から9月にかけて起きた事件はご存じないですか? ニセ科学批判にナチュラルな疑問をもつ技術系サラリーマンのブログに、菊池氏、天羽氏らはじめ主だったニセ科学批判者が大挙して乱入し、ヒステリックな言動をかましていきました。私はネットテロリズムの一種だと考えており、ニセ科学批判者を危険視するようになった転換点でもあります。

以下のリンクで示すブログ主と乱入者とのやり取りをご覧ください。権威を振りかざした威圧、恫喝が随所に見られます。ほかのブログでも同じようなことが何度もありました。ニセ科学批判者が物事を慎重に切り分けているだなんて冗談でしょう。
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_48b0.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_60e8.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_0298.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_79e7.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_431f.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_05f4.html
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_a5a6.html

投稿: SSFS | 2009年2月28日 (土) 01時55分

 SSFSさんコメントありがとうございます。他のエントリもご覧いただけて嬉しいです(^-^)

 まず最初に。
 このエントリはニセ科学及びニセ科学批判に関するもので,想定読者は表題の通り「自分の信じている物にニセ科学のレッテルを貼られ,貶められていると思っている人」です。エントリ内で使っている「批判」と言う言葉は全て「ニセ科学批判」の事であり,リンク先でのやり取りのような,メタな議論はいっさい含んでいません。
 よってご指摘の内容はこのエントリとは無関係である。と言う事を強調しておきます。敢えて言うなら,当ブログ全体の主旨に対しては,必ずしも無関係ではありませんが。

 さて,リンク先の内容についてですが,このやり取り,私はリアルタイムではありませんが,後追いで確認しております。そのとき私はすでにニセ科学批判活動についてはいろいろなものに触れていました。
 私が抱いた当時の感想は主に2点です。

<感想1>
 コメント欄の人たちの,「後ろから撃たれた」感はとても良く理解できる。特に,研究者と目され得る立場の人間,しかもニセ科学に対して批判的な見解を持っている人間が,実際にやられている活動の事をほとんど理解していない(周回遅れ)にも関らず否定的に批判活動に言及する事は,その軽率さを批判されても仕方が無い。(つまり,批判の内容は妥当である)
<感想2>
 その上で,事情を知らない第三者の目にどのように映るかを考えた時,当該コメント欄のやり取りはすこぶるまずいモノになっている。(つまり,批判のやり方はまずい)

 私はネットテロリズムの一種であると言う見解には賛成いたしませんが,「炎上」という表現であれば,かなり同意できます。端から見た現象としては,ですが。

 科学者や研究者,又は一般人であっても批判的なやり取りを多く目にしている人たちは,批判というものに必ずしもネガティブな印象を抱いていません。私などは肯定的な意味で「批判」という言葉をよく使います。「より良くする為の検討」みたいな感じで。
 ただ,この認識は一般人との間にかなり乖離のあるものですし,そもそも批判と非難の区別がつかない人は大勢いると思います。

 以上の事を踏まえ,私自身はいついかなる時でも(ニセ科学批判の文脈でない時でも),常に第三者にどう見えるかを考えるべきだと思っています。しかしこれはかなり個人の行動を束縛する考え方であり,他人に押し付けるつもりはありません。自分でそう思う人は自分の行動を律すればよい,と言う事です。
 「いや,そんな事じゃダメだ,こういうのをしっかり批判していかなければ」と考える人は批判をすれば良いでしょう。現にSSFSさんはそう思っているからこそ批判なさっておられる訳ですし。

 このエントリとは無関係、と書きましたが,ニセ科学批判の社会運動的な側面については私が強い関心を抱いている部分です。
 もし今後そういったエントリを上げる事があれば,それは今回いただいたコメントの論点を強く含んだものになるでしょう。
 ただ,まだまだ勉強不足でしっかりまとめるには至っておりませんので,アップできるかどうかは分かりません(^-^;

投稿: ハブハン | 2009年2月28日 (土) 19時34分

ハブハンさん、こんにちは。
確かに、自分の信じているものを批判されれば反発を覚えますね。以前の私がそうでした。
今の私が批判された場合、その内容に注目します。相手の人の考え方や、論理の組み立て方に興味があります。
もちろん、言葉使いの荒い人には眉をひそめます。それを何度も目撃すれば、やがてその人の文章を読むのは後回しとなります。「何か良い事を述べているようだけれど、まずは他の先輩方の文章を読まなければ。」という感じです。

「別にニセ科学を深く信じている訳ではない。ただ僕を認めないきくちさんを、見返してやりたいだけだ。あのとき遣り取りした相手たちに、僕の賢さを認めさせたいんだ。」このような気持ちで、ニセ科学の擁護に走る人も、世の中には居る事でしょう。たくましい反骨精神は、私も好きです。

ただし、勝ちにはやる心に負けては台無しですね。「なぜ批判されたのか?僕の主張に誤りは無かったか?聞く耳を持つ姿勢を崩してはいなかったか?批判に非難で返していたのは、一体誰だったのか?」

反省した姿を読者に見せること。それが失われた信用を取り戻す第一歩なのだと、私は考えている次第です。

投稿: TAKA | 2009年4月11日 (土) 01時24分

TAKAさんこんにちは。コメントありがとうございます。

 批判に対してわき起こる反発って,気持ちとしてはすごく良く分かるんですよね。とてもなじみ深い感情ですし,私自身よく感じます(^-^;
 でも気持ちを大事にしながら批判抜きで話せることなら,科学以外の世界でいくらでもあるんじゃないかなあ,って思います。

>「別にニセ科学を深く信じている訳ではない。ただ僕を認めないきくちさんを、見返してやりたいだけだ。あのとき遣り取りした相手たちに、僕の賢さを認めさせたいんだ。」このような気持ちで、ニセ科学の擁護に走る人も、世の中には居る事でしょう。たくましい反骨精神は、私も好きです。

 マイノリティが本来受けてしかるべき評価を受けないということは,多分沢山あるのでしょう。ただ,それを前提条件として道筋を描いた人こそが,反骨精神に見合った成功を手に入れられるのでしょうね。

>反省した姿を読者に見せること。それが失われた信用を取り戻す第一歩なのだと、私は考えている次第です。

 過去の「実績」があると正当な評価を受けるまでにはかなり苦労があるかもしれません。ただ,科学の世界は(厳しい批判があるからこそ?)まだしも信用を回復し易い様な気もします。
 インターネットの世界では名前を変えてリセットすることも出来ますが,歯を食いしばって望む評価にたどり着ければ,より大きなものが手に入るのかもしれませんね。

 と,エラそうなことを書いても,私自身そういう立場に置かれたらすごくツライだろうと思います。多分耐えられないくらい。
 最初にニセ科学批判に触れられた私は好運でしたし,活動なさっている方たちにすごく感謝しています。
 ニセ科学側の人たちの姿って,私にとってはホント,人ごとではありません。一人でも,後悔する人が減ってくれるといいな,と思っています。

投稿: ハブハン | 2009年4月11日 (土) 19時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/28083233

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の信じているモノにニセ科学のレッテルを貼られ,貶められていると思っている人に読んで欲しい文章:

« 水面だけを見ていると氷山の大きさを見誤るかもしれない、ということ | トップページ | 一段落です(終わりじゃないけど) »