« ご家庭での「実験」の意味 | トップページ | 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? »

感覚を大切にする人たち

リンク: クローン牛・豚「食べても安全」…食品安全委が結論 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 この話題,昨日のNHK,7時のニュースで紹介されていました。

 食品安全委員会の人と,消費者団体の人がそれぞれ出演してコメント。ちょっとうろ覚えですが,大体のニュアンスを書いておきます。

<食品安全委員会の人>
 今回の結論はあくまでも「科学的には問題ない」ということ。消費者にいろいろな不安がある事は承知している。
 科学的な面で不安があるようであれば,そこはしっかりと説明していかなければならない。(※1)

<消費者団体の人>
 私たちは心に自然に生まれる感覚を大事にしている。今回の報告はそれに全く応えていない。

 感覚を大事にするって,ステキですよね。でもなぜ,同時に理性を大事にしてはいけないのでしょうか。

 感覚を大切にするのは自由,報告の内容に納得しないのも自由です(私自身、リスクが今後判明する可能性はゼロではないだろうと思っています)(※2)(※3)。
 でもそれって,今回の報告の主旨とは全く次元の違う問題だと思うんですが。

 もし原子力発電所の人が「原発は100%安全です」と言ったら、私はその人のことを不誠実だと感じます。ノーリスクなんて事は世の中にないわけで、その人は本来的に存在しているリスクを糊塗していることになるからです。
 今回の件でも、もし食品安全委員会が「感覚を大切にしている」人の要求に応えられるような説明をしようとすると、それは不誠実なものにならざるを得ないでしょう。

 私は,不誠実な説明が横行するような世の中になって欲しくないな、と思いました。(※4)

 

<注釈>
※1
 委員の方は「科学的」という言葉を執拗に繰り返しており,消費者感情に対してかなりナーバスになっている印象を受けました。

※2
 個人的な意見ですが,このリスクは自然に存在する食品に潜むリスクを大きく上回るものではないだろうと考えています。

※3
 もちろん,食品安全委員会の出した結論が妥当なものかどうかは,別途報告内容を精査して確認する必要があります。このエントリでは,報告内容の妥当性を論点にはしておりません。念のため。

※4
 今私が手に入れている情報で見る限り,今回の食品安全委員会の報告は誠実なものであると判断しています(繰り返しますが,内容の妥当性とは別です)。

|

« ご家庭での「実験」の意味 | トップページ | 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 感覚は大切ですが、時には理性を拒絶することもあり・・・うーむですね。

 クローンの話は素人には難しすぎて、理屈で判断するのも難しいため、感覚が全面に出てきやすいと云うことはあるのかもしれません。専門家に対する信頼感が今ひとつもてないという状況は政治不信や食品安全性に対する企業の倫理問題が多分に影響を与えているのでしょうね。
 
 実際のところ、自然に生まれる場合に比べて、体細胞から発生させる場合にはDNAのメチル化という問題も出てくるため、感覚だけでない違いもあるように見えます。
 私も専門家ではないので、詳しくわからないところがあります。
その事が安全に影響のない理由を説明し、理解を得ることはなかなか難しいのではないかと思います。
 下手な説明をすれば墓穴を掘りかねないような気がします。

 ハブハンさんの仰るとおり、感覚と理性のバランスが求められているのだと思います。
 自分もいつもフラフラとゆれてしまっているので気をつけたいモノです。
 
 いろいろとヒントを頂きました。ありがとうございます。 

投稿: どらねこ | 2009年3月14日 (土) 22時38分

 あ、文章におかしなところが

>その事が安全に影響のない理由を説明し
 
 その事・・・DNAのメチル化によって現れる影響

 ということでよろしくお願いします。

投稿: どらねこ | 2009年3月14日 (土) 22時42分

 どらねこさん,コメントありがとうございます。

 クローンの件は,科学的にも倫理的にも未解決の問題を含んでいるのは確かですよね。
 どらねこさんが挙げてくださった点も含めて,問題や疑問点の指摘,批判はあってしかるべき。
 でもそこで,一般消費者ならいざ知らず消費者団体を代表する人に「感覚」を持ち出して欲しくは無いな,と思ったのでした。リスクを明確にし管理すること,そして消費者の選択の自由を確保する上で,マイナスの影響しかないんじゃないかなあ。

 実際食べるとなったらクローンに不安を感じるというのは,それこそ感覚的には分かるんですけどね(^-^;

投稿: ハブハン | 2009年3月15日 (日) 15時35分

>消費者団体を代表する人に「感覚」を持ち出して欲しくは無いな,と思ったのでした。リスクを明確にし管理すること,そして消費者の選択の自由を確保する上で,マイナスの影響しかないんじゃないかなあ。

 あ、ココ完全同意です。
 コメントではその事について書いてなかった自分。これほんと大事ですね。
 消費者団体なり、メディアなりは、一般の人が疑問や不安に感じるであろう事を専門家に質問し、回答をわかりやすい形で一般の方に返す役割をしてほしいものです。
 その回答が消費者が喜ぶものでなかったとしてもですね。

 そんな事いってる私ですが、クローンとそうでないものが並んでいたら、たぶんクローンは選ばないだろうなぁ。お恥ずかしい…

 では、次のエントリー楽しみに待ってます。

投稿: どらねこ | 2009年3月15日 (日) 17時34分

 どらねこさん,こんにちは。

>そんな事いってる私ですが、クローンとそうでないものが並んでいたら、たぶんクローンは選ばないだろうなぁ。お恥ずかしい…

 お気持ち,すごく分かります(^-^;
 狂牛病もそうでしたが,10年潜伏して発症,みたいな事が起こるんじゃないか,と思ってしまうところが私にもやっぱりあります。こと食べ物に関しては,安全で美味しいものが食べたいですよねえ。

 私が選ぶとしたら・・・値段次第かな(爆) 値段にしろなんにしろ,個人的な,あるいは少なくとも社会的なメリットがなければ,消費者としてそちらを選ぶ理由はないですもん。
 生産者の皆さんはぜひ安全性をきちっと確認した上で,消費者の先入観を吹き飛ばせるような魅力的な商品を提供して欲しいですね。

>では、次のエントリー楽しみに待ってます。

 うぐぐ・・・文章が上手くまとめられなくて,半月以上寝かせっぱなしのネタが2件ほど(^-^; このままお蔵入りしないようにガンバリます。

投稿: ハブハン | 2009年3月15日 (日) 21時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/28601630

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚を大切にする人たち:

« ご家庭での「実験」の意味 | トップページ | 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? »