« 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? | トップページ | ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ »

古くて新しいフリーエネルギー

 幻影随想さんのエントリ「毎日新聞がフリーエネルギー詐欺に引っ掛かっている件について」を拝見しました。
 大変分かり易い事例だと思いますので,こちらでもピックアップしておきます。

<リンク1>
 大元の毎日新聞の記事(そのうち消されるかも)。
 発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給--木下さん開発 /神奈川

<追記2009/07/07>
 リンクが切れているようなので,全文引用しておきます。

発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給--木下さん開発 /神奈川

 電磁力を応用した高効率な小型発電装置を、相模原市の「ソフォス研究所」代表の木下博道さん(74)が開発した。川崎市の住宅展示場で19日から実用運転の公開展示をする。木下さんは「装置は使う場所に置くのでロスが少なく、電線などのインフラ整備が一切不要。太陽光発電や風力発電に比べて格段と効率が良く、電力供給の分散化が図られる。地球環境にやさしく、低炭素社会にふさわしい装置だ」と話している。【高橋和夫】
 ◇きょうから、川崎で公開

 木下さんは風力発電を効率的に運転する技術開発に取り組む中、24時間稼働できない太陽光発電や風力発電に代わる装置として、6年前から電磁力を使った発電プラントの開発を進めてきた。

 開発した発電装置は、円形アルミ板の周縁に磁石のN極、S極を交互に配列した回転体が大きな特徴。その周囲にコの字形の銅線コイルを配置する。始動時には市販モーターの助けを借りて回転体がコイルの間を動き始め、回転速度が増すと、ベルトでつながった別のモーターを回し発電する。

 これまでの計測結果によると、回転速度によっては、始動用モーターの消費電力の100~1000倍程度も発電可能。また始動に必要な電力は400ワットモーターなら乾電池(単3)1本でも足りるという。

 研究所での実証運転では、回転体は最高で毎分1500回転し、直径80センチ(重さ約70キロ)の装置で毎時10~15キロワット、同120センチ装置で毎時500キロワットを発電した。始動時に5・5キロワットのモーターを使った場合、1個100ワットの電球30個を点灯させていて3キロワットを発電できているのに、モーターの消費電力は2・6ワットしかなかった。

 特許出願中のため構造は極秘だが、電気工学や機械工学、物理学の研究者らが相次ぎ視察。元九州電力最高顧問で核燃料サイクルのプルサーマル研究に携わってきた元国際原子力機関委員の松下清彦さんは「画期的な発電装置」と認めている。

 松下さんはたびたびドイツを訪れ第一級の研究者と、この発電装置の理論的な解明に取り組んできた。松下さんは「ドイツの学者、研究者は発電装置として認めている」と話し、同研究所は「ほぼ実証された」として公開展示に踏み切ることになった。19日の会場は小田急新百合ケ丘駅近く。

<リンク2>
 幻影随想さんのエントリ(冒頭のリンクと同一)。
 毎日新聞がフリーエネルギー詐欺に引っ掛かっている件について

<リンク3>
 Slashdotさんのエントリ
 「永久機関」としか思えない発電装置が報道される

<リンク4>
 はてなブックマークでの様々なコメント

 

 永久機関って,エネルギー保存の法則が発見される前から存在するふるーいモノですが,今でも時々新手が登場しますね。ちょっと前には「水で走る車」が紹介されていました。
 ネタとしては分かり易すぎて,ニセ科学として扱われることすらほとんどないものですが,社会には毎年新しい人が加わって来ますから,分かり易くても騙される人は発生し続けます。
 その意味では,こういった「入門編」的な事例が時々発生してくれるのはありがたいことかも。って,やってるご本人はそんなつもりじゃ無いんでしょうけれど(^-^;

 科学って,時には想像もつかないことを実現しちゃったりしますけれど,ちょっとしたコトでも出来ないものは出来ない。月には行けるけど,エネルギーの供給無しで豆電球をともし続けることは出来ません(※1)。
 簡単/困難と可能/不可能は全く別次元のお話。「人類は次々に不可能を可能に変えてきた」なんて言う言い回しは,言葉のアヤ以外のものではないんです。この辺のことを感覚として備えておきたいところですね。

 

<注釈>
※1
 いわゆる永久機関もフリーエネルギーの範疇だと思うんですが,それ以外にも「エネルギー保存の法則に反しない」と称する様々な理屈がくっつけられている場合があります。私が聞いたことがある中でめぼしいのは,例えば以下のようなものからエネルギーを取り出す,としています。

1.地球の自転(公転)
2.永久磁石(電磁石)
3.真空(ゼロポイントエネルギー)
4.水

 いくつかのサイトもご紹介しておきます。なんと言うか,やっぱりロマンなんでしょうか。

フリーエネルギー&重力制御
フリーエネルギー
Free Energy & Anti Gravity 研究会
声明:大衆レベルからフリー・エネルギー革命を開始しよう
フリーエネルギーを公表すると殺される。!!! (飄(つむじ風))

 最後のリンクはちょっと毛色が違いますが,こういった言説って,フリーエネルギーを調べるとしばしば見かけます。
 いわゆる陰謀論的な論調ですが,フリーエネルギーの場合石油メジャーが悪者にされます。利権を守る為にフリーエネルギーの研究者を妨害している! というわけです。

|

« 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? | トップページ | ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ »

ニセ科学とビジネス」カテゴリの記事

永久機関・フリーエネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/28751465

この記事へのトラックバック一覧です: 古くて新しいフリーエネルギー:

» [トンデモ][社会]フリーエネルギー商売に関する素朴な疑問。 [みつどん曇天日記]
 週末はまとまった時間が取れなくて不定期更新になってしまいましたが、野球の日韓五番勝負WBC決勝進出おめでとう! 個人的にはアメリカが負けてくれさえすれば満足なので今日の試合は大変面白かったです。もうわかったろ?小細工したって無駄なんだよ。次は正々堂々やろ... [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 20時14分

« 100回に2回外れるクジと2回に1回当たるクジ、どちらを買いますか? | トップページ | ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ »