« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

通販番組

 珍しく昼間にアップしてみます。排水管清掃に来てもらっていて家から離れられないからですけど。久しぶりに軽い話題を(更新が少ないから「久しぶり」になっちゃうだけだろ,というツッコミは却下)。

 テレビの通販番組が好きで時々みます。
 「あー、これ良いなあ欲しいなあ」と思いながらみるのが半分、「なんじゃこりゃっ」と突っ込みを入れながらみるのが半分。どちらも楽しいですw

続きを読む "通販番組"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「マイナスイオン」が科学的な地位を確立する上で必要なこと

 当ブログのエントリ「ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ」のコメント欄でのSSFSさんとのやりとりが終了しました。内容的にはだいぶ前にオワっていたんですが,形式的にも終了です。
 当ブログのカラーとも,エントリの内容ともかみ合っていないやりとりで,まあそもそもが冗長と言えば言えるんですが,それでは勿体ないので,個人的なけじめのつもりでこのエントリを書いてみます。

 SSFSさんとやり取りしている間、「マイナスイオンを正当な科学として認めさせるには何が必要か」を考えていました。で、SSFSさんとのやり取りでそれらを提出していくことになるだろうと思っていたのですが、そういう話には金輪際なりませんでした(^-^;
 でもせっかく考えたものですから開陳しておきます。

 真剣に考えたモノではありますが10分で考えたモノでもあります(^-^; 今回文章化に当たって膨らませはしましたが、具体性はないし、いろいろ抜けが 多いだろうと思います。それらを煮詰める機会はありませんでした。この程度を想定しておけば充分だった、という事でもありますが。

続きを読む "「マイナスイオン」が科学的な地位を確立する上で必要なこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書感想_「雪は天からの手紙」

 今までトラックバックが上手く送れていませんでした。理由は恥ずかしいのでナイショw ですが,今度は大丈夫。なハズ。

 以前TAKESANさんのブログInterdisciplinaryのエントリ「万能などでは無い」で中谷宇吉郎さんの本「科学の方法 (岩波新書 青版 (313)) (新書)」がご紹介されていました。
 興味を持って購入し、読んでみました。

続きを読む "読書感想_「雪は天からの手紙」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメント欄までご覧いただいているみなさまへ

 当ブログも立ち上げてはや3ヶ月あまり。って、もうそんなに経ったのか(^-^; (※1)
 いろいろな方からコメントをいただいております(ありがとうございます)。

 中でも積極的にコメントくださっているのがSSFSさん。

続きを読む "コメント欄までご覧いただいているみなさまへ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ニセ科学ツアー_ホメオパシー

 久しぶりのニセ科学ツアーです(構成変えてみました)。またまた長いですよ〜。
 本日のお題は「ホメオパシー」です。

 ホメオパシーがニセ科学だとされていること、批判されている存在だっていうこと、知らない人が多そうです。
 名前は知っているけれど、それがどんな原理のものなのかは知らない、と言う人も。

 でも、テレビで紹介されたりとか、いろいろな本が発売されたりとか、かなりポピュラーな存在になってきているみたい(※1)。
 ホメオパシーと言う名前を最近聞いて、内容は良く知らないけれどちょっと興味を引かれている人には、実際に手を出す前に,ぜひいろいろな情報に触れていただきたいです。

続きを読む "ニセ科学ツアー_ホメオパシー"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ

 久々のエントリです。

 間が空いてしまったのは,バイオハザード5(※1)にハマっていたからでもなく,「ドグラ・マグラ」に熱中していたからでもなく,中谷宇吉郎の「科学の方法」(※2)を読みふけっていたからでもなく,米澤穂信の「秋季限定栗きんとん事件」にかかずらっていたからでもなく,毎日残業に追われていたからでもなく,ただ単にネタが無かっただけです(ホントはエイプリル・フール用に文章を練っていたんですが,結局ボツにしちゃいました)。

 で,今日は 別のネタを用意していたんですが,急遽差し替え。「がんワクチン」についてです。

NHKの「サイエンスZERO」,録画しておいたものを今日見ました。テーマは「がんワクチン」(再放送が金曜日(4/10)の19:00からあります)。

続きを読む "ニセ科学と未科学は厳密に分けなくてはいけない,ということ"

| | コメント (38) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »