« 「無知の知の無知」 | トップページ | 血液型性格判断と差別について »

「正しい」という言葉の意味が錯綜している

 jura03のいい加減な日記様の「態度の問題の向こう側」を読んで「んー,ちょっと違うかな」と思った部分を書いておきます。

 全体の感想としては表題に尽きるんですが。

ニセ科学批判の場合、ことが科学だけに、多くは正答がはっきりしてるだけ簡単に正義になりやすい。その正義の意識が、態度にも、言葉にも表れる。「間違いを間違いと言って何が悪い」というのは、その表れの一つ。自分が正しいことと、正しいから何を言ってもいいというのは、本来は別問題のはずなんだ。

 科学が正義になり易いなどという話はあまり聞いたことがありません。科学が都合良く「正義」に利用されるというコトはあるとしても。

 後段の「自分が正しいこと」「正しいから」という表現は,「自分が正義である」「正義だから」という意味で使っているのでしょうか。「正義である」と「科学的に正しい」は違う意味ですよね? 前段では使い分けているのに,後段でごっちゃになっているように見えます。

 ちょっと切り分けて,私の考えを書いてみます。

 例えばニセ科学関連商品を販売している企業を批判するとき、それは要するに「効果の無い商品をあたかも効果があるかのように販売している」コトを問題にしているわけです。そして、「効果の無い商品を効果があるかのように販売する行為」を批判することは、「正しい」と、私は思っています。私は「正義」という言葉には違和感を感じますが,まあこれを「正義」と表現してもおかしくはないでしょう。
 でもこれって「科学的な正しさ」ではないですよね? 敢えて言うなら「社会的な正しさ」でしょうか。

 ニセ科学批判である以上、対象が「科学的に正しくない」コトはもちろん前提になっているのですが、批判のポイントはそこではないってこと、そんなに分かりづらいかなあ。

 いや、そこに意識が集中するのは分かるんですよ。「今まで科学だと思っていたものが実は科学でもなんでもない、ニセ科学だった」というのはインパクトのある情報ですし,ニセ科学批判は対象が科学でないことの説明が不可欠ですから,どの文章を見ても,対象が科学的に評価されています。だから「科学的に正しくない」が強調されているように見えてもおかしくはありません。

 でも少なくとも、「ニセ科学批判」批判を行うほどにニセ科学批判に精通しているのであれば、ここを混同しない程度に分かっていて欲しい、と思うのです。

 「いや、それが分かりづらいんだ。これこれこういう、誤解させる要素がある」というのは有益な「ニセ科学批判」批判になりうると思いますけど,そういうエントリにはなっていないですよね。

 「(科学的に)正しいから何を言ってもいい」と思っている人って、もしかしたら非科学を批判している人なのでは。もしかしたら2ちゃんねるとかにはいるのかも知れませんね,私は見たことがないけど。もちろん「科学でない」という理由だけで批判することには、私も反対です。
 そういう人を批判しているのだったら,対象を明確に絞った上で批判をして欲しいです。少なくとも「ニセ科学批判」という括りで批判するのは明らかな失当に思えます。

科学としてなんか言うなら、「これは間違っている」で本当ならば十分のはず。「最低のクズ」という言い方には、自ずから価値判断が混じっている。その価値判断、余計じゃないですか。

 科学であるか,科学でないかの判断には価値判断は不要です。「これは(科学的に)間違っている」で十分なのはこの範囲。
 ニセ科学批判には価値判断が必要です。
 ニセ科学関連商品の批判には「効果のないモノを効果があるように見せかけて販売するのは悪いことだ」という判断があります。
 血液型性格判断の批判には「差別は人道にもとることだ」という判断があります。
 批判の際に「最低のクズ」という表現を用いることに対する是非はあるかもしれませんが,価値判断は入って当たり前なんです。

「最低のクズ」と言いたくなる気分も分かるけど、それってもう科学とか合理性とかの範囲の話でない。つまり、「最低のクズ」と言った瞬間にもう一線を越えてしまっています。

 「科学的に正しいから」「最低のクズ」と表現しているのではないことは明らかだと思うのですけれど。差別は「科学的に間違っているから」しちゃいけないんですか?

 人種,民族あるいは個人で,能力や病気への耐性などに生来の差があることが将来明らかになるかもしれません。DNAを調べることによって,それが手軽に分かるようになるかも知れません。でも,科学的に正しくても,それで区別したら,差別ですよね? 要するに,科学的な正しさは関係ない話なんです。

 「正しい」って,文脈で全く違う意味になりますよね。科学的な正しさ,社会的な正しさ,道徳的な正しさ,政治的な正しさ・・・
 多少文章が煩雑になっても,毎回「○○的に正しい」と表現した方が,混乱が少なくて済むのではないでしょうか。

 

 なんと言うか,apjさんが「『ニセ科学批判』とは何か」というページをお作りになった理由が実感できます。やっぱり私も言葉の使い方,考え直そうかな・・・

|

« 「無知の知の無知」 | トップページ | 血液型性格判断と差別について »

「ニセ科学批判」批判について」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/29838972

この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい」という言葉の意味が錯綜している:

« 「無知の知の無知」 | トップページ | 血液型性格判断と差別について »