« 「ありがとう」でマイナスイオン! とか,そのうち出てきそうです(※1) | トップページ | 「正解」を書けばマルがつく。それが答案用紙なら »

「ニセ科学批判」という言葉

 apjさんのブログ「Archives」のエントリ「とりあえず作ってみた」を拝見して,そこからリンクされている「ニセ科学まとめ」というページを読みました。

 「まだ製作中」とのことですが,いろいろな物事を判断する時の強力なアンカーになりそうな予感。というか,既に充分有用です。

 そのなかの1ページ「『ニセ科学批判』とは何か」を読んで,んー,私もちょっと考えないといけないかも,と思いました。

 いくつかつまみ食いで引用します(正確な文意については上のリンク先でご確認ください)。

<「同語反復でしかない」より引用>
個別のニセ科学について何が問題か議論する、あるいはニセ科学言説を広めることをやめるように言う、つまりニセ科学を批判する、という同語反復以上の意味はない。

 「水からの伝言とかマイナスイオンとか……(個別の事例を全部列挙)……を批判すること」の短縮表現が「ニセ科学批判」である。
<引用終わり>

<「『ニセ科学批判』という行為は存在するか」より引用>
 結論からいって存在しない。

 ニセ科学を問題にする場合は、あくまでも個別のニセ科学、たとえば「マイナスイオン」「ホメオパシー」「水からの伝言」「血液型性格診断」等々の、何がどうニセかを問題にしている。これらは、それぞれ個別具体的に問題とすべきことが異なっている。従って、これらのうちの1つまたは複数に批判的な言説をすべて「ニセ科学批判」として括ったとしても、そこから先に話が進まない。
<引用終わり>

<「『ニセ科学批判』を評価すること」の意味より引用>
「ニセ科学批判」そのものに対して何らかの価値判断をする試みは多分失敗するだろう。現実に存在するものは、個別の「水伝批判」「マイナスイオン批判」といったものでしかない。そこから共通に括り出せるものを、さしあたり「ニセ科学批判」と呼びたかったらしいが、今のところその括り出しには失敗している。
<引用終わり>

<「『ニセ科学批判』には実体が無かった」より引用>
新しい言葉で何かを表すことに意味があるのは、その言葉で表されたものが従来にないものを含んでいるとか、その言葉で表すことでものごとの整理がついて理解しやすくなったりする場合である。「ニセ科学」は、これまでに批判されてきた非合理のカテゴリーを新たに定めるという意味がある。

 しかし、「ニセ科学批判」には、今に至るまで新しい意味が見いだせていない。具体性を欠いた「ニセ科学批判批判」があちこちで行われ、その議論の結果何かの理解が深まるということも無かった。結局、

   1. 「ニセ科学批判批判」を自称する人達は、「ニセ科学批判」について、同語反復以上の定義ができていない。
   2. 「ニセ科学」を問題だと思う人達も、「ニセ科学批判」について、同語反復以上の定義ができていない。
   3. 「ニセ科学批判」という言葉で括ることで、何か新しいものが出てきたわけでも、何かの理解が進んだわけでもない。
   4. 「ニセ科学批判批判」に対しては、毎回毎回「とりあげているニセ科学批判とは、誰の何に対する批判のことなのか」という確認が必要だった。
   5. 「ニセ科学批判」について何か問題提起をするのならば、「ニセ科学批判」が同語反復でしかない以上、もともとのニセ科学の定義に関する議論として展開されるべきである。批判の態度やロジックに問題がある、というのは、個別の論者に対する批判にしかならない。しかし、「ニセ科学批判」という括りをしたことで、本来、定義の議論等として建設的にな内容になるはずの問題提起まで、批判vs.批判批判のパターンに引き込まれてしまっている。

ということになる。
<引用終わり>

 私のブログには,「ニセ科学批判」って言葉が出てきます。ってか,トップエントリからドバドバ出てくるw

 ニセ科学批判は活動内容も主張の内容もバラバラですが,社会活動としてみた時には得られる効果は共通であって「ニセ科学批判の目的はニセ科学の蔓延を防止する,ニセ科学の影響力を失わせることです」と言ってしまえるんではないか,という認識が私のなかにあるみたいです(人ごとみたいな書き方でスミマセン。断言できるほどの確信はないので)。

 なので私が「ニセ科学批判の活動を支持しています」と言う時には,あんまり迷いとかないし,むしろ私の思いに良く合致する表現なんですよね。
 逆にそういう言い方をする時には,個別の活動の手法や内容についてはあまり意識がなくて,これは気をつけなくちゃいけないポイントかも。
 「ニセ科学批判」という言葉・概念が一人歩きして,無用な「ニセ科学批判」批判を惹起しているのだとすると,言葉の使い方を慎重にしないといけないのかもしれません。

 一方で「ニセ科学」という言葉がある限り「ニセ科学批判」という言葉も無くならないような気もします。つまり,調べてみれば誰が言い出したのかは分かるけれど,仮にその人がいなかったとしても結局はドコかから自然に,不可避に発生する言葉だったのではないか,ということ。それほど特殊性の高い言葉とも思えませんし。
 更に,現在あるニセ科学批判に対するネガティブな反応が,活動の拡大に伴う当たり前のモノなのか,活動の大きさに対して不当に強いモノなのか,という点も,私の中ではまだ見極めがついていなかったりします。

 「ニセ科学批判」という言葉が使われなくなれば,「ニセ科学批判」批判は無くなる(あるいは有用なものになる)のかどうか。今「ニセ科学批判」批判している人たちは,「ニセ科学批判」という言葉がなければ,批判批判をしなかったのだろうか,あるいは批判活動を支持したのだろうか。

 私の中でもまだ見極めができていないので,今後私のブログでこの言葉をどう扱っていくべきか,もうちょっと考えていきたいと思います(当面は従来通りの使い方で)。

|

« 「ありがとう」でマイナスイオン! とか,そのうち出てきそうです(※1) | トップページ | 「正解」を書けばマルがつく。それが答案用紙なら »

「ニセ科学批判」批判について」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
apjさんのニセ科学まとめ、私も拝見しましたが素晴らしいですね。活動の実践面から批判批判の対応まで視線が行き届いていて、なおかつシンプルにスッキリとまとまっていて。流石だなあ、と感心しきりでした。

>当面は従来通りの使い方で

慎重で誠実な対応ですね。私なんかは根がミーハーな上に影響されまくりなので、ワイルドカード入りのお話を読んだ次の瞬間にはニセ科学批判タグを全てニセ科学対策に書き換えてしまいましたw。多分一番乗りだと思います(^_^;)。

>私が「ニセ科学批判の活動を支持しています」と言う時には,あんまり迷いとかないし,むしろ私の思いに良く合致する表現なんですよね。

この感覚はとてもよく解ります。
思うに――本当に思うだけで根拠とかは無いんですが、世代が関係しているんじゃないかと考えています。モチロン年齢的な意味ではなく、ニセ科学批判第1世代・第2世代という意味ですが。
私の場合、ネットに繋いだ時には既に「ニセ科学批判」が存在していて、kikulogや事象の地平やNATROM先生の所で皆さんが活発に意見を交換している姿を、後から「過去ログ」としてまとめて読んでるんですね。で、きくちさんやTAKESANさんやapjさんや……の姿勢に感じる所があって、コミットしようと決めた訳です。最初に批判の雛形と言うかお手本があったんですね。
コミットするものそれ自体を手探りで作り上げ、切り開いていった方達と、その部分で感覚が違うような気がします。

投稿: みつどん | 2009年5月 6日 (水) 01時51分

はじめまして、かと思います。
恐縮ながら、すこし自分の話なんかをさせてください。

今回のapjさんによる「ニセ科学批判」と云う用語に対する再定義、みたいな部分については、その主旨にはつよく賛同する部分があるものの、ぼくなんかだと軌を一にするべきではないところもあるのかな、みたいに思っています。

みつどんさんのおっしゃっているような、経緯、と云うような部分について云うと、きくちさんやapjさんのアカデミシャンとしての立ち位置からのニセ科学に対する批判があって(その流れのなかで「ニセ科学」と云う言葉が選択されて)、で時間軸的に重なる時期に(こちらは直接接していないんですが)lets_skepticさんなんかの直接対話によるニセ科学的言説に対する対峙、みたいなものがあったと思うんですよ。

で、たぶんTAKESANさんなんかが嚆矢かと思うんですが、それらの視野からの言説で(目配りはあっても、発話として)いくらか手薄になっている部分への言及、と云う、若干メタ的な視点からのニセ科学に対する議論、と云うのが生じてきます。
たぶんぼくなんかもこの流れのなかにいて。ぼくははっきりと、自分の議論の目的を補完的なものとして当初から意識しています。ぼくの議論に果実があれば、それを利用してほしい、みたいに(とは云えご存知の通りぼくは未だに周辺部でごちゃごちゃ云ってるだけで、貢献らしい貢献はできていないんですけど)。

で、ぼくみたいな営為を括るには、「ニセ科学批判」と云う用語はずいぶん便利ではあるんですよね。ただ、ぼくなんかの議論は一歩間違うと不必要にメタな次元に話を持っていってしまうような性格を持つものなので、「ニセ科学批判」と云う用語そのものと同様、取扱注意な性格を持つものでもあるんだろうな、と云う認識をしています。

投稿: pooh | 2009年5月 6日 (水) 09時40分

 みつどんさん,こんにちは。コメントありがとうございます。

>>当面は従来通りの使い方で

>慎重で誠実な対応ですね。私なんかは根がミーハーな上に影響されまくりなので、ワイルドカード入りのお話を読んだ次の瞬間にはニセ科学批判タグを全てニセ科学対策に書き換えてしまいましたw。多分一番乗りだと思います(^_^;)。

 あ、思い出しました。「はやっ!」て思った記憶がw
 でも、どうなんでしょう。この場合「慎重」→「誠実」とはならないのかも。
 私は慎重というよりは、ただ単に分かっていないのかもしれません。そして現状維持がネガティブな影響を広げてしまうようであれば、多分誠実でもありません。果たしてそういう影響が(どのくらい)あるのか、そこから分かっていないんですよね。うーん、困った。

 「ニセ科学対策」も確かapjさんが以前お使いになった用語ですよね。ただ、私の中では「対策」⊃「批判」なんですよね。例えば、以下の文章は私には違う意味合いで捉えられるんです。

1.社会にはニセ科学が蔓延し、それに便乗したインチキ商品が出回っているから、シッカリと「対策」していくべきだ。
2.社会にはニセ科学が蔓延し、それに便乗したインチキ商品が出回っているから、シッカリと「批判」していくべきだ。

 まあ、上の文章自体があいまいだからなんですけど(^-^; 「対策」と「批判」の主体や内容は異なり得て、それが文脈で制限されない限り「ニセ科学批判」と「ニセ科学対策」は違う意味を含むんだろうと思います。

 私が「ニセ科学批判の活動を支持しています」と言う時には、まさに「批判」をこそ支持しているんですよね。そこは私がやろうとしてもできない部分ですし、潜在的に大きなリスクのある部分でもありますから,それをしていただけていることが嬉しいですし,支持したい。

>思うに——本当に思うだけで根拠とかは無いんですが、世代が関係しているんじゃないかと考えています。モチロン年齢的な意味ではなく、ニセ科学批判第1世代・第2世代という意味ですが。
>私の場合、ネットに繋いだ時には既に「ニセ科学批判」が存在していて、kikulogや事象の地平やNATROM先生の所で皆さんが活発に意見を交換している姿を、後から「過去ログ」としてまとめて読んでるんですね。で、きくちさんやTAKESANさんやapjさんや……の姿勢に感じる所があって、コミットしようと決めた訳です。最初に批判の雛形と言うかお手本があったんですね。
>コミットするものそれ自体を手探りで作り上げ、切り開いていった方達と、その部分で感覚が違うような気がします。

 ん、なんか分かってきた様な気がします。
 私が「ニセ科学批判」と言うときは、「ニセ科学批判」批判に対応(対抗)する言葉として持ち出すのであって、「ニセ科学」に対応させているわけではない、のかも。そうすると、他の方たちとは違う捉え方になっている可能性がありそうですね。
 確かにこれらの言葉は私の中で時系列に乗っていないモノですので,その辺の意識の有る無しが違いにつながっているところはあるかも,ですね。

 apjさんは「ニセ科学批判」及び「ニセ科学批判」批判という言葉が生まれたことそのものが失当だというお考えが根幹に有って、一方の私はそれが既に存在していることは前提にした上で、その内容の不当性を考えているから、そこで違いが出てくる・・・ああああ、分かってきた様な気がしつつ、混乱も深まっているような。やっぱりもうちょっと考えます(^-^;

投稿: ハブハン | 2009年5月 6日 (水) 20時57分

 poohさん,こんにちは。コメント有り難うございます。
 初めまして,ですね。ただ,poohさんのブログの方にはたびたびお邪魔して勉強させていただいています(^-^)

 「ニセ科学批判」という言葉の正しい使い道はあっても良さそうですね。
 私なんかはニセ科学批判を「ニセ科学の蔓延を防ぐ、社会に害悪が及ぶのを防ぐ」という機能を持つモノとして括り,支持しています。
 私の知らないニセ科学,及び批判活動もたくさん存在しているのでしょうけれど,上記の機能が共通している限り私はそれらを支持する,という意思表示をする上で,やはり「ニセ科学批判」という言葉を使いたい気持ちがあります。

 また,現在のニセ科学批判は個々の活動として実施されていて千差万別なわけですけれども,それこそメタなレベルで,ニセ科学批判共通の問題や手法について話し合われ,それがベタな活動にフィードバックされるような局面も,もっと有ってもいいのかも,と思うこともあります。

 一方でダメな使い方があって,その典型的な例が(一部を除く)「ニセ科学批判」批判である,という風に考えると私的にはスッキリします。

 apjさんの文章は「現在の(一部を除く)『ニセ科学批判』批判がダメな理由」を示すものですが,「ダメな『ニセ科学批判』批判が出現した理由」ではない,ということでいいのかな,と思います。
 「ニセ科学批判」という言葉がなかったと仮定すると,批判批判の主張の仕方はもちろん変わるでしょうけれど,ダメ度が変わるとは限らないので(^-^;

 apjさんの文章を拝見した時に,私の中でざわついた部分が有ったのは確かで,それは「私のような周辺の人間が『ニセ科学批判』という言葉を安易に用い,広めることによって,世間のネガティブな反応を強めるようなことが有ってはマズい」というものでした。実際,人とのやり取りの中で食い違いが起こらないよう,注意すべきポイントではあるのでしょう。私の言葉の使い方には,まだ改善の余地がありそう。

 とまあ,一日経ってこのくらいまで考えました。まだ先が有りそうですし,いただいたコメントを咀嚼できていないところも有るので(^-^; もうちょっと考えてみます。

 みつどんさんとpoohさんのコメントを拝見して,視界がパアッとひらけた気がしました。一人で考えていると,方向が固まっちゃってダメですね。
 いろいろなヒントをいただき,ありがとうございました。

投稿: ハブハン | 2009年5月 6日 (水) 21時16分

「ニセ科学批判」という言葉は便利ですね。私自身は思考の節約に成りますので、今後も使い続けます。
事情を知らない人にも、「よく分からんが、偽物をやっつけているのだな。」と受け止めてくれるはず。興味を持ってくださった人には、その都度説明すれば良いのです。

あくまで一例:「実はですね、私たちは皆、独自の批判を展開しているのですよ。私は水伝批判です。あの人はホメオパシー批判です。あの川の畔に佇む人は、EM団子の運命を悲しんでいるのです。」
あくまで一例:「でも、共通点はあります。私たちは、この社会の行く末を憂いています。そう、志しの高い人たちばかりなのです!」

「ニセ科学批判という言葉は、広い庭園への入り口。その先には、僕らの知らないニセの薔薇が咲いている。」こんなイメージを、私は持っています。
もちろん偉い人たちに、「ニセ科学批判という言葉は、二度と使うな!健全な社会作りの、妨害に成る!」と叱られたら、素直に従いますorz。

・・・・・・・・
ある傍観者の意見:「ていうか、団結すればいいじゃん。もっと大きな力を得られるよ。すぐにニセ科学を撲滅できるよ!」

確かに、その方が効率が良さそうな気もします。でもねえ。その場合、粗雑なニセ科学批判者とやらが、足を引っ張るような気が?
「アカーン!強すぎて、アカーン!」という敵よりも、「だめだこりゃ!orz」と頭を抱えるような味方の者が、よほど怖いものなんですねえ。

そういえば、一部のニセ科学批判者には、「群れるのが嫌いなんだよ!俺は俺の道を行く!」という、ワイルド路線の人もいるはず。そういう人を、私は応援したいですね。
「そうだ、群れる必要は無いんだ。たった一人でも、逆風に向かって走り続けるんだ。崖に突き当たった時は、僕が助けてやる。ザイルなら、有る!」という感じです。

万が一、どこぞの粗雑なニセ科学批判者が敵に勝手に撃破されていても、私の応援するワイルドな人ならば、しぶとく生き残っている気がします。

「この、ニセ科学批判一派め!」と言われたら、「この、ニセ科学批判批判一派め!」という返しで十分です。

投稿: TAKA | 2009年5月 8日 (金) 09時39分

ていうか、ニセ科学批判を批判する人の動機って、案外これだけかも?
Aさん:「だから、その冷たい態度が気に食わないの!もっと優しくして!」
Bさん:「科学素人をいじめるな!この偽善者めが!」
Cさん:「はっはっは。この偉大なる現代の賢者であるワタクシが、今よりもっと高尚な批判の仕方を、特別にそなたらに伝授してあげようぞ(^-^?」

「ニセ科学で利益を企む者には厳しい態度が必要。でないと、一般市民は彼らのデマにすぐに乗っかってしまう。」ってところが、いまいち実感出来ていないのかも。
ニセ科学批判を批判する人が、実際に詐欺師やニセ科学信者と直接対決すれば、少しは状況が変わるかも知れませんね。

悟った人:「君たちの苦労が、身にしみて分かった…。確かに、ニセ科学批判批判などしている場合じゃないよね…。この社会は、崩れやすく、脆いんだね…。」
悟った人:「僕の思考が叫ぶんだ…。未来の若者のためにも、今日からニセ科学を、ビシバシ批判していかなきゃってね…。」
悟った人:「そうだ!詐欺被害は待っててはくれない!非合理は、人類の敵だ!合理的な社会を、築くんだ!急げ!」

…ちょっと違うかも?(-_-;ウーム。

投稿: TAKA | 2009年5月 8日 (金) 10時06分

ハブハンさん、こんにちは。

「ニセ科学批判批判」のお陰で「ニセ科学批判」とはなんぞや?という混沌が発生しました。しかしそのお陰でapjさんのまとめが拝見できるという恩恵に預かれる、災い(?)転じて福となすとなったわけです。でもね、私自身まはだapjさんのまとめに目を通し切れていないのです、いや、月曜日締め切りの仕事が・・・・・orz

前にapjさんが「ニセ科学」を「ニセブランド」に例えられた時に、私の「ニセ科学」像は、かなり明確になりました。本物が保有する実利は与えないのに、詐称によって利益を得ようとするモノ(多くの場合、有形無形の害を伴い)、こういった行為を「ニセ」と呼称することに違和感はない、と感じたのです。「ニセ科学」はブランドの代わりに、科学を装っているわけだからその命名は無問題だよねー、と思いました。ただし「お前はニセ者じゃ!」とやるのですから、覚悟は必要で相当に襟を正さねばならないのは当然です、得てしてこういう言葉はブーメランですから。

でもね、なんなら「パチモン科学批判」にすれば良いんでは?なんて思ったりするんです。そしたら「パチモン科学批判批判」なんて誰もしないような気がするんですよねー。「ニセ科学批判批判」している人のメンタリティーには、恐らくそぐわないと思うので(結構本気)。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年5月 8日 (金) 14時04分

TAKAさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

 (グレーゾーンが有るにせよ)「ニセ科学」に明確な定義が有る以上,ニセ科学批判の意味も明確だし,適用範囲を守って使う分には問題ないのだと思います。「ニセ科学批判」批判においては,適用外の使われ方がしばしばされる,ということなんでしょう。
 「こらこらキミたち、包丁は料理をするために使うものなんですよ。電線を切ったり、人を斬ったり、夜中にこっそり研いで眺めながらニヤニヤするためのものじゃありませんよ」ってハナシかも(^-^;

>ある傍観者の意見:「ていうか、団結すればいいじゃん。もっと大きな力を得られるよ。すぐにニセ科学を撲滅できるよ!」

>確かに、その方が効率が良さそうな気もします。でもねえ。その場合、粗雑なニセ科学批判者とやらが、足を引っ張るような気が?
>「アカーン!強すぎて、アカーン!」という敵よりも、「だめだこりゃ!orz」と頭を抱えるような味方の者が、よほど怖いものなんですねえ。

 団結した方がうまく行く部分もあるのではないか、というのは、時々私も夢想します。どこかのブログで喧々囂々の大騒ぎになったり、訴訟で丁々発止やりあっているのを見たりしたときは特に。

 今批判活動に携わっている方たちは多分、個別にベストを追及したほうが効果が高いんだろうと思います。今後活動が活発になって、私レベルの人間が多く参加するようになると、団結のメリットも高まってくるかもしれませんね。それとも「だめだこりゃ!orz」となってしまうのかも知れませんが(^-^;

 ただ,今回apjさんが作成なさっている様なガイドラインが整備され,広く浸透していけば、団結と同様の効果が得られるのかもしれません。
 私もシッカリ読み込んで、自分の考えを深めていきたいです。

>ていうか、ニセ科学批判を批判する人の動機って、案外これだけかも?
Aさん:「だから、その冷たい態度が気に食わないの!もっと優しくして!」
Bさん:「科学素人をいじめるな!この偽善者めが!」
Cさん:「はっはっは。この偉大なる現代の賢者であるワタクシが、今よりもっと高尚な批判の仕方を、特別にそなたらに伝授してあげようぞ(^-^?」

 もいっこ追加してください。

Dさん:「こらこら君たち,ナニを争っているのか全くもってカケラも,ミジンたりとも知らないが,そんな大勢でよってたかって,卑怯じゃないか。1対1で,さわやかにやりなさい。そう,高校野球のように」
Eさん:「ケンカはダメだ! 優れているとか,劣っているとか無いんだ! みんながみんなオンリーワンなんだ! 世界にひとつだけの花なんだ! さあ握手しろ! 褒め合え! 平和を乱すヤツはオレがぶん殴ってやる!」

 あ,二個でしたw

>ニセ科学批判を批判する人が、実際に詐欺師やニセ科学信者と直接対決すれば、少しは状況が変わるかも知れませんね。

 確かに,有用な「ニセ科学批判」批判って,もっぱらニセ科学批判者がしているような気がします。
 えーと,言葉を飾らずに言っちゃいますが(^-^; 「ニセ科学批判」批判者には,政治のことを知らないからこそ政治家に対して好き放題言える,飲み屋でクダ巻いてるオヤジ的な雰囲気をしばしば感じます(←言葉を飾って言うと,とことんメタ,ということです)。

「具体例を挙げて言ってください」
「で,どうするべきだとお考えなんですか?」

 といった問いかけに応えられないところから,そんな雰囲気が出てくるんだろうと思います。

投稿: ハブハン | 2009年5月 9日 (土) 20時59分

うさぎ林檎さん,こんにちは。コメント有り難うございます。

>「ニセ科学批判批判」のお陰で「ニセ科学批判」とはなんぞや?という混沌が発生しました。しかしそのお陰でapjさんのまとめが拝見できるという恩恵に預かれる、災い(?)転じて福となすとなったわけです。

 ホント,そうですね。上手く言葉にできなかった部分やそもそも気づいていなかった部分について考えるきっかけになりますし,いろいろな判断の基準が明確になりますし,ありがたいことです。

>でもね、私自身まはだapjさんのまとめに目を通し切れていないのです、いや、月曜日締め切りの仕事が・・・・・orz

 あいやあ。そうなんですか。お仕事,スムーズにいきますように。 一段落ついたら,ゆっくりとお楽しみ(?)ください。

>でもね、なんなら「パチモン科学批判」にすれば良いんでは?なんて思ったりするんです。そしたら「パチモン科学批判批判」なんて誰もしないような気がするんですよねー。「ニセ科学批判批判」している人のメンタリティーには、恐らくそぐわないと思うので(結構本気)。

 「バチモン科学」!!
 言われた方はショックでしょうねーw

 ああ,そうか。「疑似科学」ではなく「ニセ科学」という呼称を採用したのは,明らかに否定的なニュアンスを持たせるため,という話を拝見したことがありますが,考えの方向としては同じですね。なるほど,「ニセ」ではまだかっこ良すぎるのか。

「疑似科学」
  ↓
「ニセ科学」
  ↓
「バチモン科学」

 確かにヘタレ度が増していくような(^-^; なんだか哀愁さえ感じてしまいました。

投稿: ハブハン | 2009年5月 9日 (土) 21時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/29449396

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニセ科学批判」という言葉:

» [ニセ科学対策]ニセ科学を批判し、対策する。 [みつどん曇天日記]
 前回、私は今ニセ科学「批判」ではなくニセ科学「対策」と言う言葉を使っていると告白しましたが、って言うかまた総タイトル忘れてる。脱字も三ヶ所あったし、そういやリハビリ中でしたね。頭に違和感を感じたら勇気を出して登板回避と言うモノでしょうが、後がつかえてる... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 00時53分

« 「ありがとう」でマイナスイオン! とか,そのうち出てきそうです(※1) | トップページ | 「正解」を書けばマルがつく。それが答案用紙なら »