« 最も醜悪な正義感 | トップページ | 「無知の知の無知」 »

大阪に行ってきました

 先週末,新大阪駅のほど近くで友人の結婚式でした。
 駅構内では2〜3割の人がマスクを着けていました。それほど違和感が無かったのは,花粉症対策でのマスク着用がもう当たり前になっているからですけど,駅で働いているスタッフの方達が全員マスクしているのが違うところ。
 人は少なく、土曜の午前中なのに、構内をまっすぐ歩くのに支障がない程度にまばらでした。ただし普段を知らないので、利用客が減っているのかどうかは分かりません。

 披露宴会場では全員がマスク非着用。スタッフも非着用。冠婚葬祭の場ではやっぱりそうなってしまいますね。私も含め地方から来ている人も多いですし、こういうところから飛び火しなければいいんですが(マスクの有無でリスクがどれくらい変動するかは分かりませんが,もし感染が起こったら,マスクの非着用が槍玉に挙げられることは想像に難くありません)。
 地元の方とお話しする機会もあったのですが、マスクが手に入りにくい状況があるそうです。あちらに行かれる方は、買って持って行ったほうが無難かも。

 実際に感染する可能性は低いというコト、わかってはいるのですが、帰ってきてからのちょっとした体調の変化が気になります。
 私はお酒が入ると、醒めるときにちょっと頭痛っぽくなりますし、今日はちょっと寝不足で頭が重いのですが、普段だったらスルーする程度のそれらの症状に対して明らかに敏感になっているし、原因を思い浮かべるときにはインフルエンザが出てきます。感情として結び付けたがる部分があり、それを理性で否定する、といった感じですね。
 私が心配性のせいもありますが,想像していたよりも遥かに気持ちが揺さぶられます。

 今回の新型インフルエンザは,リスクがそれほど大きくないこともあって,比較的冷静に対処できる事例だと思います。
 私の一生の中ではもっと見極めの難しいモノがこれから現れる可能性はあるでしょう。その時にキチンと最適解を選択できるかどうか・・・もうちょっとリスク管理に関する知識を増やして,自信をつけておきたいなあ,と改めて感じたのでした。

|

« 最も醜悪な正義感 | トップページ | 「無知の知の無知」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/29807724

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪に行ってきました:

« 最も醜悪な正義感 | トップページ | 「無知の知の無知」 »