« 「ニセ科学批判」という言葉 | トップページ | 目ざめよ! »

「正解」を書けばマルがつく。それが答案用紙なら

 子供の頃,正露丸がキライでした。いやまあ,クスリが好きな人はいないでしょうけれどw,特にあの苦みが記憶に焼き付いているのです。
 他のおクスリはオブラートに包んで飲んでいたので大丈夫だったのですが,なぜか我が家では正露丸をオブラートに包むという習慣は有りませんでした。粉薬はオブラート,丸薬はそのまま,という暗黙のルールがかたくなに守られていたんですね。

 私は胃腸があまり丈夫ではなく,正露丸にはたびたびお世話になっていたんですが,効き目はともかくあの苦みはとにかくダメ。水で飲み下しても口の中に苦みが残り続けるのもイヤでした。

 でもある日,私は苦みをあまり感じない飲み方を発見したのです。得意満面で母親に報告。
「あのねー,ベロの奥の方におクスリを乗せると,あまりニガくないんだよ」
 母親は苦笑いしながら言いました。
「苦みって,ベロの奥で感じるのよ。ベロの先の方に乗せるといいわよ」

 うちの両親は子供に向かって「あんたバカねえ」とは言わない人ですが,まあそういうのは視線で大体伝わるものですw
 私はそれ以上は何も言わず,でも正露丸は口の奥の方に入れて飲むようになったのでした。

 舌の場所によって感じる味が異なる,というのは「味覚地図」と呼ばれるモノですね。ずーっと後になって,それが間違いだったと聞いた時も「ああ,やっぱりね」と,すんなり納得したのを覚えています。
 「味覚地図」が誤りであることを説明しているページ。
 The "taste map": All Wrong

 私が「科学は絶対ではなく,その正しさは日々更新されていくモノだ」という認識を持ったのはハタチを過ぎてからでしたが,このエピソードもその認識を醸成するひとつのキッカケだったように思います。

 

 学校の勉強では,問題に対して出した答案に○×が付けられて戻ってきます。授業では,教科書に載っていることは正しいモノとして扱われます。(※1)
 私はごく自然に,世界の様々なことには「正解」が用意されているんだ,と思っていました。
 私の頭上に目に見えない答案用紙が浮かんでいて,私の言ったコト,感じたコト,したコトがそこに書き込まれ,○×が付けられていく。そんな感じの価値観。

 その価値観が失われた後は,反対に「世の中には正しいなんてことは無いんだ」なんて思って,相対主義的な考えに走ったりもしましたけどw 今はこう考えています。

「世の中には正解が有るわけではないけれど『より確からしいモノ』はある。モノゴトの重み付けを適切に行うことによって,ベターな選択や行動ができるようになるんだ」(※2)

 よく使われる言い回しに,こんなのが有りますね。
「世の中には二種類の人間がいる。○○な人間と,そうでない人間だ」

 今回書いたことを当てはめると,こうなります。
「世の中には二種類の人間がいる。モノゴトに『正解』が有ると思っている人間と,そうでない人間だ」(※3)

 ニセ科学の周辺でいろいろなモノを眺めるようになってから,私の頭の中に非常にしばしば浮かぶフレーズです。

 「正解がある」と思って行動している人は,ネガティブな結果が返ってくると,自分が選ばなかった方が正解だったと思ってしまう。でも多分,そうじゃないんです。
 もし「正解」「不正解」という言葉を使うんであれば,それは「選択」の段階に適用するべきで,「結果」に適用するべきでは有りません。そこにズレがあると,ネガティブな結果を有りのまま突きつける科学に不信感を持ち,ネガティブな結果に言い訳を用意してくれるニセ科学を受け入れてしまうんだろうな,と思います。

<注釈>
※1
 やや否定的なニュアンスで書いてしまいましたが,多分学校で「正解」を教えるのは,妥当なことなのでしょう。私が経験したような価値観の変遷は,健全な思考を育てる上できっと不可欠なモノなのだろうと(根拠は有りませんが)思っています。私の思考が健全に育ったのかどうかは,まあ別としてw

※2
 そして,ベターな選択を行ったとしても失敗する可能性はあります。この認識がないと,「結果」だけから,「選択」の妥当性を判断してしまうんでしょうね。医療事故などで医師が「結果」だけで訴えられたりしているのを見ていると,その感を強くします。

※3
 モノゴトを○×で切り分ける基準って,実はありますよね。
 生死です。
 生き残ったら正解。死んじゃったら不正解。
 私たちがモノゴトに「正解」を求める心性って,別に学校で刷り込まれたのではなくて,人間が本能として持っているモノなのだろうと思います。自然の中で生き残る為に不可欠なモノとして。
 ニセ科学を受け入れる土壌は常に自然発生していて,だからこそ地道な啓蒙の継続がとても大事ですね。

|

« 「ニセ科学批判」という言葉 | トップページ | 目ざめよ! »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/29551813

この記事へのトラックバック一覧です: 「正解」を書けばマルがつく。それが答案用紙なら:

« 「ニセ科学批判」という言葉 | トップページ | 目ざめよ! »