« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

有機食品に関する英国の調査結果

時事ドットコムでこんな記事を見かけました。

「有機」に健康効果なし=一般食品と栄養変わらず−英調査 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009073000053

 農薬や化学肥料の使用を減らして作られた有機食品の栄養は、一般的な食品とほぼ変わらず、取り立てて健康に好ましい効果をもたらすわけではない−。英食品基準庁が委託した調査報告が29日公表され、消費者が抱く有機食品の効能とは反する意外な結果が明らかになった。
 委託を受けたロンドン大学衛生熱帯医学大学院が、過去50年間に発表された文献を精査した。13の栄養素のうち、ビタミンCやカルシウムなど主要10栄養素では栽培方法によって大きな違いは出ないとの結果が得られたという。

続きを読む "有機食品に関する英国の調査結果"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニセ科学の深刻度を測る基準を検討してみる【ネタ】

 前回のエントリ「マクロビについてのちょっとした感想」のコメント欄で、どらねこさんからこんなご示唆をいただきました。

ニセ科学の一次予防、二次予防、三次予防など考えて纏めてみたら役に立つかも知れませんね。

 おお、オモシロそう!
 私は真っ先に災害対策を思い浮かべました。深刻度に合わせて対策のレベルを引き上げる、というイメージがぴったりはまります。

 こんな感じで、組織的なニセ科学対策の実施計画を策定できそうですね。
(1)ニセ科学の深刻度を評価する方法を決定する。
(2)各深刻度における対応策を策定する。
(3)各ニセ科学に対して深刻度評価を実施し、対応策を決定し、実施する。

 取っ掛かりとなるニセ科学の深刻度評価方法について考えてみました。っと、あくまでネタですからね。軽いブレインストーミングのつもりで。

続きを読む "ニセ科学の深刻度を測る基準を検討してみる【ネタ】"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マクロビについてのちょっとした感想

どらねこ日誌様の一連のエントリがとっても参考になったのでリンク。

<リンク1>
講習会でこんな話し聞いてきたのだけど(前編)
<リンク2>
講習会でこんな話し聞いてきたのだけど(後編)
<リンク3>
PCM

 チマタに氾濫するさまざまな健康情報に惑い,迷っているかた達、特に子育てをなさっているかた達には,一度は読んで欲しいな,と思いました。

続きを読む "マクロビについてのちょっとした感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

揶揄は楽しくなんかない・・・んだけど

 自分の中で答えの出ていないことを,グダグダと書いてみようと思います。

 考え始めたキッカケは,kaqu11さんのブログ不連続な茶飲み話の,以下の一連のエントリ。

1.にくきもの 急ぐことあるをりに来て、長言するまらうど。あなづりやすき人ならば……

2.隠喩揶揄

3.(7/12追記) Re: お返事

4.個人的なまとめ

続きを読む "揶揄は楽しくなんかない・・・んだけど"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ゲルマニウムだから」「護符だから」ではない,ということ

 お久しぶりです。

 ちょっと書いてみたいと思って,マクロビオティックについて調べていたんですが,全然分かりませんorz
 いや,インターネットにだって情報は転がっているし,本屋で立ち読みもしたんだけど(※1)そうやって入手した知識が,社会で実践されている「マクロビオティック」と完全に乖離したものに見えてしまうのです。
 と言うわけで,まだ全然言及できない状態でして,もうちょっと調べてみるつもりですが,結局エントリに出来るレベルにはならないかも(^-^; とりあえずどらねこさんのところでもっかいイチから勉強し直しです。

 と言うことで,今日はマクロビオティックではなくて,よそ様の記事に対する感想を書きたいと思います。一応「ニセ科学批判」批判に対する応答,になるのかな。
 いろいろなトコロでとっくに言及されていて,蒸し返しみたいになってしまって申し訳ありません。

続きを読む "「ゲルマニウムだから」「護符だから」ではない,ということ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »