« 「いや,そんなことないって。アンタだってかわいいじゃん」 | トップページ | ホメオパシーは非科学たりうるのか »

ニセ科学と予防原則

kikulogで温暖化懐疑論の問題が取り上げられていました。
 「地球温暖化懐疑論批判」 

WIRED VISIONでも記事になっています。
「地球温暖化」を疑う人が増加:データで検証すると?

 私、実は温暖化対策に対してはちょっと懐疑的です(^-^;
 えっと、温暖化に対して、じゃないですよ。温暖化「対策」に対して、です。
 最初に言明しておきますが、私は人間の活動による二酸化炭素(及び温暖化ガス)の排出が地球環境に影響を与えている事はほぼ間違いないだろう,と思っています。
 だからこのエントリは,温暖化が科学的に妥当かどうか,というのとはちょっと違う内容です(上のリンクとも直接的な関係はないです。スミマセン)。

 私は現在進められている温暖化対策に対して、以下の二つの懸念を感じています。一つ目は、ちょっと本筋からは外れる話だけど、関係する要素を含んでいるので取り上げておきます。

<懸念1>温暖化対策に関する国際的な取り決めは、本当に実現可能、かつ有効なモノになりうるのか。
 各国の利害の一致が無い中,特に南北問題が解消されない中で,ホントに実行可能な対策が立てられるのか,という疑問。超国家的・地球規模の全体最適化の仕組みがないまま温暖化対策を進めても,最後は国益が優先されて当然の様な気がします。

<懸念2>今後科学的な知見が蓄積され、修正されたときに、温暖化対策にきちんと反映されるのか。
 温暖化の問題に関しては予防原則がベースになっている事が,問題を複雑にしているように感じます。
 私は予防原則は、基本的には必要な概念であると思っています。ただし、予防原則に従ってとられるアクションは,科学的な知見の蓄積に合わせて柔軟に見直される事が前提です。
 しかし,一度決定され開始されたアクションは,政治や経済と無縁ではいられないし,地球規模の問題ともなれば,国際間の利害関係も無視は出来なくなります。
 懸念1と相まって,常に見解を更新し続ける科学の柔軟性が温暖化対策に関してはうまく発揮できないのではないか,という不安を感じています。

 以上2点の懸念は,温暖化の問題を巡っては政治的・経済的な思惑が科学的知見に優先される(されている)のではないか(※1),と言う推測がベースになっています。そしてそのような中で,温暖化懐疑論をどのように扱うべきかについて,私の中には迷いがあります。

 まず,学問の枠内でなら異論(温暖化に懐疑的な主張)は許容されるべきである,これは良いでしょう。
 現状、温暖化懐疑論が学問的検討の枠を越えて流布されていることに批判があるわけで,これは本来なら妥当な批判のはずです。
 ただ,温暖化対策がすでに社会的な活動になっている中,温暖化に懐疑的な人達がそれに対抗する為に社会的な活動をとろうとするのであれば,彼らが一般に広報する事を批判できるのかどうか,上手く判断できません。
 温暖化の問題が既に社会的なフェーズで扱われている以上,対抗言論も社会的な運動を伴わずにはいられないのではないか(※2)。

 そういった思いから,私自身は温暖化懐疑論を,ニセ科学と見なす事が出来ずにいます。

 これ、他のあらゆる科学/ニセ科学の問題にも含まれている側面だと思います。ただ,普通のニセ科学では彼我の正当性にあまりにも明白な距離が開いているので、あまり問題にならないのですが、予防原則が絡んでくると、ここの明白さがやや失われるケースもあるのかな。基本はグレーゾーンの問題に繋がる話だと思うのですが。
 「グレーゾーンを白として扱う」のはニセ科学ですが、予防原則の考え方は具体的なアクションに落とし込む際に敢えてそれを許容しているわけで、対抗言論に対して「おまい、きっちり白黒付いていないものを、社会に持ち込むんじゃないよ、まったく」と言いづらい部分があります(アクションが硬直化していると,なおさら)。
 私が懸念を感じているのは今のところ温暖化だけなんですけど、同様の事例はいろいろ考えられそうだなあ・・・

<注釈>
※1
 例えば、アメリカ合衆国の京都議定書の枠組みからの離脱、また開発途上国の枠組みからの除外と言った動きは、科学的な知見から導き出されたモノではないでしょう。

※2
 「相手が広く社会に浸透しているから、それへの対抗としてこちらも広く社会に訴えかけていく」と言うのは、ニセ科学側の人(商売の人は除く)にとってはむしろ当たり前の感覚なのでしょうけれど。

|

« 「いや,そんなことないって。アンタだってかわいいじゃん」 | トップページ | ホメオパシーは非科学たりうるのか »

ニセ科学と社会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/32177286

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ科学と予防原則:

« 「いや,そんなことないって。アンタだってかわいいじゃん」 | トップページ | ホメオパシーは非科学たりうるのか »