« 明けましておめでとうございます | トップページ | 犠牲になるのは子供 »

「ゴチャゴチャ言わずに試してみればいいのに」

 ニセ科学批判に対して、ニセ科学側の人から表題のようなコトを言われることがありますね。
 そして必ずしもニセ科学を信じていらっしゃらないかたの中から「確かにそうだ。確かめてから否定するべきだよなあ」という同調の声も、少なからず聞こえてきます。

 いくつか例示します。

 おなじみkikulogの「波動・美容・マイナスイオン」エントリより。

ただ、思うのはここは何もしないで批判ばっかりしているなという事。
気になるんだったら一度試してみたらいいのになって思うけど。

 ホメオパシー関連書籍の推薦文より

ホメオパシーを知る心理カウンセラーや医療者は、残念なことに、まだまだ少ないのが現状だ。知らないならまだいいが、頭から否定する人もいる。「科学で説明がつかない療法など効くはずがない」というのだ。自分で試してから否定するならわかるが(試したらホメオパシーを否定する人はいないだろうが)、試さずに否定するのは、患者よりも自分の信念や学説の方を大切にしているのである。

私からいわせれば、こういう人は真の治療家とは呼べない。

 ホメオパシー振興会のQ&Aのページより

特にホメオパシーの場合には、次にご説明するアボガドロ限界を超える希釈、という問題があるために、簡単に「ありえない!インチキだ!」と断じるのみで、それ以上検証しようともしない、非科学的な研究者や医師もたくさんいます。

 がんの代替療法(抗ガン食品)についての書籍の紹介ページより

代替医療法を試さずして否定すべきではない
がん治療の選択権はあなた自身にある
あなた自身の生きる力を信じなさい──あとがきにかえて

 ブログ「音極道茶室」さまのエントリより

「水からの伝言」がインチキだと客観的に証明するには、反証実験しかあるまい。やるべき事はそれ一つだ。それが「科学的立場」というものだろう?なぜそれをしない?

 気の治療師?の方のブログ「癒気と生きる」のエントリより

今は私と同じように自分の身体を使って効くかどうか判断されてるとかだし、何故それが効くのかどうか科学的根拠はない。
しかし、試さずにそんな話は信じられないというのも科学的な対処方ではない。

まず試してみて各自が判断すればよい。

 

 えーと、オナカいっぱいになったのでこの辺でw

 科学的に判断するのであれば、ただ闇雲に試しても意味がありません。
 「プラセボ効果」「認知バイアス」「認知的不協和」「トリック」「欺瞞」・・・などなど、カン違い、オモイ違いを生む様々な要素が存在していて、個人的な体験ではそれらが排除できないからです。
 じゃあ、どうすれば意味があるものになるのかと言えば、それらの要素を排除できるように実験計画をデザインし、実施し、評価すること。
 私たちが主観で感じるコトが実際に正しい場合もあれば、実は間違っている場合もあります。それを正確に判断するためのツールが科学なのです。

 そういった意味でキチンと試しているニセ科学側のヒト、私はひとりも見たことはありません。ニセ科学って、それを信じているヒトを含めて、誰にもマトモに試されていないシロモノなんですよね(※1)。

 ニセ科学批判において「科学的に正しいようなフリをして言いふらすな」というのは、要するに「キチンと試す前にゴチャゴチャ言うな」と言うこと。

 「ゴチャゴチャ言わずに試してみればいいのに」

 ホントそのとおりですね。全面的に賛成。
 試してから言うべきです。ニセ科学側のヒトが、責任持ってキチンと。そうすれば、批判なんて要らなくなります。

<注釈>
※1
 マトモに試されて否定されたにも関わらず、正しいと強弁するようなニセ科学もあります。結局ニセ科学批判の側がリソースを費やして反証実験を行ったとしても、それによってニセ科学が無くなる、というコトはほとんど望めないでしょう。
 と言うか、そもそもキチンと反証出来るほどに理論が構築されているニセ科学って、あんまりないような気も(^-^;

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 犠牲になるのは子供 »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

まあ、
ニセ科学信奉者のほうが
結果に影響を与えうると考えられるすべての要因を
すべて整理して、可能な限り
他の要因の影響を排除したうえで
比較実験できる段階まで議論を整理すべきでしょうね

科学的な議論をできる段階にまで進んでいないものについて
反証というのは難しいと思います。

投稿: 通りすがり | 2010年1月 4日 (月) 17時13分

 通りすがりさん、こんにちは。

 そうですね、仰るとおりだと思います。
 どういう結果が得られたら反証になりうるのかが明確になっていないから、検証のしようも無いですね。
 逆に、そこを明確にしない限りは、どんな結果が得られても否定されることはないから安心(^-^;

 全員が全員、意図的にゴマカシているわけでも無いんでしょうけれど、批判に対して「難癖つけられてる」くらいにしか思っていないから、主張をキチンと整理しようと言う動きにならないんでしょうかね。
 それとも信じていることを否定されることの恐怖、かなあ。もしそうなら、そもそも「科学的な正しさ」を拠り所にしようって時点で詰みなんですけどね。

投稿: ハブハン | 2010年1月 4日 (月) 21時00分

あけおめー。

ちょっと細かいですが、上で通りすがりさんが書いておられる、
▼引   用▼
結果に影響を与えうると考えられるすべての要因を
すべて整理して、
▲引用終わり▲
これはちょっと言い過ぎかな、と。「すべての要因」という部分。全ての要因に注目するのは、理論的にも実際的にも不可能ですよね。
結果に大きな影響を与えそうないくつかの要因をピックアップして(因子)それらの効果を見る。他の要因の影響は誤差として評価出来るように割付などを行う、のが実験計画法のやり方、ということかと思います。

投稿: TAKESAN | 2010年1月 5日 (火) 14時32分

最初のコメントの通りすがりです

TAKESANさま
> これはちょっと言い過ぎかな
通りすがりの1コメントなので十分推敲しないまま発信しておりました。ご指摘、おっしゃる通りだと思います。
#「可能な限り」という文言を後ろの方で入れていますが、
#「すべて」と書いてある言葉の前に全部つけるべきでした

私はかじった程度なので偉そうなことはいえませんが、
実験計画法は農業の実験において始まった方法で、
天候や気温など、作物に影響を与える要因(因子)が多岐にわたり、その多くが操作、設定が困難なものですから、
条件を固定しやすい装置を使うような実験よりは、
それこそ「計画の立て方」が精緻ですね

投稿: 通りすがり | 2010年1月 5日 (火) 16時54分

 TAKESANさん、あけおめーo(*^▽^*)o 今年もよろしくお願いします。

 それにしても私、マッタク引っかからずに読んでました(テヘッ)。
 とりあえず言い訳すると、

1.一応「結果に影響を与えうると考えられる」と限定されている(特に「考えられる」は、人間の能力による限定と解釈できる)。
2.マッタク見込みのないモノ(ニセ科学)を立証しようとする行為は、実質的にすべての要因を整理する行為(つまり不可能な行為)になるだろう。

 ・・・って言うのは今考えたヘリクツで(^-^; 特にナニも気にしていませんでした。私はやっぱり、言葉に無頓着なところがありますね。ご教示ありがとうございました。
 こーいう無頓着さを少しでも減らしていけるよう、今年も頑張っていきたいと思います。

 通りすがりさんも、ありがとうございました。また気づいた点などありましたら、お気軽にコメントくださると嬉しいです(^-^)

投稿: ハブハン | 2010年1月 5日 (火) 22時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/32847149

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴチャゴチャ言わずに試してみればいいのに」:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 犠牲になるのは子供 »