« 続・読書感想_水は答えを知っている | トップページ | 死の定義 »

鉄は答えを知っている

 まだまだひっぱるよーw
 で、パロってみた。

******

 トツゼンですが、あなたは今、幸せですか?
 え、幸せ? そうですか・・・
 ・・・・・・・
 ・・・って、ハナシが終わっちゃうじゃないですかっ!!

 私たちは、日々の生活を送るだけでも疲労困憊、ですよねっ、ね?。
 朝、納豆を音速でかき混ぜてたら愛用のおハシが折れちゃったりとか、ドシャブリの中、無理して出かけたら10分後にキレイさっぱり雨が上がって、晴れ渡る街の中でぬれネズミとか、首を寝ちがえちゃった日に限って職場でレイアウト変更があって、ヒイヒイ言いながら机運んだりとか、目の前で電車が行っちゃって、ああ、あの信号待ちさえ無ければっ! とか、フタを開けるときに力が入りすぎて紅茶の葉っぱドバァッとか・・・ああぁぁ、私のアッサムティがぁ(泣)

 いったい、誰が世界をこんなふうw にしてしまったのでしょうか(ヒント:最初から)。みんな、大切なコトがなんなのか、自分の幸せがどこにあるのか、見失ってしまっています。その切実な問い掛けに、果たして答えなどあるのでしょうか。

 今日はミナさんに、唯一絶対の答え、の中のひとつ、を示したいと思います。

 私が言いたいのはつまり、「鉄サイコー!」ということなのです。

 ・・・えーと、「私ゃ鉄オタ! ノりまくるぜっ! トりまくるぜっ!」という意味ではありません。鉄道博物館は一度行ってみたいけど。

 人間の体は平均するとそのわずか0.006%が鉄です。体の中に大量にあるなら、影響があったってアタリマエ。こんな少量で、決定的な役割を果たしているのですから、鉄がどれほど素晴らしいチカラを秘めているかが分かりますね。
 体中に酸素を循環させるヘモグロビンに、鉄は必須です。鉄が無ければ生きてはいけませんし、鉄の不足が、いくつかの病気の原因になることは明らかです。
 もちろん病気の原因は他にいくらでもありますが、適切な量の鉄分もまた健康にとって、とても大切なモノなのです。

 かつて「鉄は国家なり」と言われた時代もありました。現在でも、その重要性は変わりません。現代の生活は、鉄なしでは成り立たないと言ってよいでしょう。
 高温超伝導は長年銅酸化物が主役でしたが、近年鉄系の高温超伝導体が発見され、注目されています。

 これらの不可思議な鉄の性質を見るにつけ、私にはどうしても鉄が地球の物質だとは思えません。鉄は宇宙からやってきた物質ではないのではないかと考えると、すんなり納得出来るのです。鉄は恒星内の核融合反応でできるのですから、当たり前ですね。つーか、地球そのものがそもそも「宇宙の物質」でできてるんだから。

 鉄を知ることはすなわち、世界を、宇宙を知ることなのです。

 注意深く見ていれば、どんなことからもありもしない意味を見出してしまう発想のヒントは得られるものです。で、インターネットに入り浸っていると、こんな文字が飛び込んできました。
「金属は金属の原子が規則正しく配置した金属結晶でできています」

 キュピピィン!

「そうか、鉄の結晶を見れば、まったく違う顔を見せてくれるのではないか」

 それは、私が新しい世界へのトビラを開けた、瞬間でした。
 私はさっそく友人のアパレルショップ店員に(ry
 実験を始めてから◯ヶ月、ようやく一枚の写真が撮れました。

 喜びいさんで報告にきた友人の姿に、私も思わず「・・・キミ、本気にしてたの?」とは言えなくなってしまって胸が熱くなりました(後悔で)

 しばらくすると友人が「鉄に言葉を見せて、結晶を見てみよう」と言い出しました。
 彼女はかわいそうに、すっかり鉄の魅力に取り憑かれてしまったようです。

 文字によって鉄が影響を受けることなど、普通に考えればマジありえないハナシです。
 しかし、二日酔いでぼんやりしていたこの成功で手応えを感じた私は、疑うこともなく、その実験をおこなってみるよう彼女に言い、私自身は閉じていたページを開き直して、読書の続きに戻ったのです。
 結果は、まさに驚くべきものでした。「ありがとう」という言葉を見せた鉄は明らかにキレイな形になりました。それに対して「ばかやろう」の文字を見せた鉄は、醜く歪んでしまっていました。

 それではほんの一部ですが、鉄の結晶写真をご覧頂きたいと思います。言葉によって鉄がどのように変化するか、手にとるように分かると思います。

(1)友人が最初にとった結晶写真
 使用感にあふれる素晴らしい形の結晶を見て、私は鉄と言葉との関係を確信したものです。
 「オマエそりゃステンレスだろ」とか、冷たいツッコミをする人、キライです。鉄が含まれていればいいのです。

Tetsu

(2)「ありがとう」を見せた
 調和のとれた、素晴らしい形になりました。

Arigato

(3)「ばかやろう」
 尖った、攻撃的な形になってしまいました。

Baka

(4)「しようね」
 スライムの王様みたいな、ぷっくり丸く、かわいらしい形になりました。

Shiyoune

(5)「さっさとやれよ、ボケ」
 デップリボッテリとした、とても押し付けがましく威圧的な形になりました。

Shiyoune_2

(6)「ごめんなさい」
 謝るのはやっぱりいいコトみたいです。ちょっとぼんやり見えるのは、ピントがずれただけあんまりはっきり言うと、かえってイヤミになるからでしょうか。中央の黒点が、言葉とは裏腹の本音を表わしてもいるようです。

Gomenne

 さて、鉄の素晴らしい結晶写真の数々、いかがでしたか。あまりにも変幻自在に形を変える鉄の結晶写真は、きっと皆さんの想像を超えるモノだったのではないでしょうか(逆方向に)
 私たちの身の回りは鉄で溢れています。ありきたりな材料というイメージが強くて、日常生活の中ではその大切さになかなか気づくことがありませんが、社会を支えてくれる身近な存在に思いを馳せてみるのも、たまには良いかも知れませんね。

 次回は「プラセオジムは答えを知っている」をお送りします(ウソです)。

 ・・・えーと、そろそろモトはとれたかな(^-^; 今回は削除線をガンバってみました。

<参考>
生体微量元素の役割について
日経サイエンスの記事 高温超電導 鉄が握る解明のカギ

|

« 続・読書感想_水は答えを知っている | トップページ | 死の定義 »

ネタ」カテゴリの記事

水からの伝言」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

檄落ちくんのご購入をお勧めします。

投稿: うさぎ林檎 | 2010年2月22日 (月) 12時16分

(2)が「水」になってます

投稿: | 2010年2月22日 (月) 13時06分

ごぶさたしております。

一点疑問があるのですけれど、も~しかして写真を言葉に合わせて恣意的に選んでいらっしゃいませんか?

万が一にもそのようなことは行われていないとハブハンさんを信じたいところでわありますが。

投稿: ちょちょんまげ | 2010年2月22日 (月) 16時02分

 うさぎ林檎さん、こんにちは。
 激落ちくんは、実は持っているのですが、なぜだかあまり、使う気になれないのです(^-^;
 ホントなんでなんだろう・・・自分でも不思議。

投稿: ハブハン | 2010年2月22日 (月) 20時34分

 匿名さん、こんにちは。
 ご指摘ありがとうございます。訂正しました(^-^)

投稿: ハブハン | 2010年2月22日 (月) 20時35分

 ちょちょんまげさん、こんにちは。

>も~しかして写真を言葉に合わせて恣意的に選んでいらっしゃいませんか?

(.;.;゚Д゚) もももモチロンそんなことはしていますぇん

投稿: ハブハン | 2010年2月22日 (月) 20時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/33476668

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄は答えを知っている:

» 112番元素:命名「コペルニシウム」…寿命1千分の1秒 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mainichi.jp/select/science/news/20100222k0000m040051000c.html [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 22時19分

« 続・読書感想_水は答えを知っている | トップページ | 死の定義 »