« 鉄は答えを知っている | トップページ | 読書感想_代替医療のトリック »

死の定義

 今日は「代替医療のトリック」について読書感想を挙げようと思っていたのですが、ゲームやマンガやラノベ仕事が忙しくって読了できなかったので、小ネタで。

 私はNHKのサイエンスゼロをよく見るのですが、昨日の番組では「あなたにとって死とは?」という問い掛けが街頭アンケートでされていました。
 「脳が死んだとき」
 「心臓が止まったとき」
 「意識がなくなったとき」

みたいな答えがされていましたが、私の考えるトコロもちょこっと書いてみようかな。

<問い>
 あなたはどんな状態を死と考えますか?
<私の答え>
 過去の記憶がすべて引き出せなくなり、かつ新たな記憶の蓄積ができなくなった状態。

 あ、「すべて」と言うのは言葉や手続き記憶(身体記憶)なんかを含んだ「すべて」で、記憶障害、記憶喪失や認知症などとは違うモノを想定してます。
 ホントは客観的な定義を考えるべきなんでしょうけど、個人だと「自分がどんな状態になったらアキラメがつくか」で考えちゃいますね。

|

« 鉄は答えを知っている | トップページ | 読書感想_代替医療のトリック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/33572308

この記事へのトラックバック一覧です: 死の定義:

« 鉄は答えを知っている | トップページ | 読書感想_代替医療のトリック »