« ホメオパシーの許容範囲 | トップページ | ホメオパシーに対する批判がマスコミで取り上げられるようになってきた »

圧力?

 いつも拝見させていただいているブログ、「助産院は安全?」さまがお引越ししていました。
 経緯は以下の記事でまとめられています。

旧ブログの7/20付けの記事 「ブログが引っ越します
新ブログの7/21付けの記事 「新天地にて、またよろしくお願いいたします
新ブログの7/23付けの記事 「助産師を守る人は何を守りたいのか

 うーん・・・

お世話になったFC2ブログでしたが、今回、このブログに関してブログ運営会社の方に批判を受けている助産師の知人と名乗る人物から、
『名誉棄損や営業妨害で訴えるかもしれませんから、そちらの方で先になんとかしてください』
との要請が入ったそうです。

 「訴えてやる」ではなく「訴えるかもしれません」って辺りが、「助産師の知人」なる人物のロクでもなさを余す所なく表していますが、どちらにしろ「知人」が訴えることは出来ませんから、「知人」は「批判を受けている助産師が訴えるかもしれません」と言っているんですね。
 これほど助産師の社会的評価を貶めるに効果的な印象操作も、なかなか無いような気がします。

 そして(こちらは「知人」の目論見通りかも知れませんが)琴子ちゃんのお母さんもブログの引越という実害を受けている(少なくともその分の労力を奪われている)わけで、なんと言うか、「助産師の知人」は、誰の得にもならないことを何のためにしたのでしょう? よく分かんないや。

 なんとはなく、「名誉毀損の訴訟を起こすことによって、原告が原告自身の名誉を毀損した」例があることを思い出しました(こちらは実際に訴えた例ですけど)。

 環境ホルモン濫訴事件:中西応援団の記録

 自分で自分の名誉を毀損する分には、まあ自業自得ですが、「知人」から貶められたら、たまったもんじゃないですね。


 批判はあるにしろ、助産師が社会で重要な役割を担っている(担うべきである)のは確かで、(この「知人」が言っているのはウソっぱちだとは思いますが)どうか助産師の面々には、批判に対して訴訟等で対抗するのではなく、より良い仕組みづくりのための材料にして欲しいなあ、と思います。

|

« ホメオパシーの許容範囲 | トップページ | ホメオパシーに対する批判がマスコミで取り上げられるようになってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/35894747

この記事へのトラックバック一覧です: 圧力?:

« ホメオパシーの許容範囲 | トップページ | ホメオパシーに対する批判がマスコミで取り上げられるようになってきた »