« なんでこんな「見解」になるのか考えてみた | トップページ | 日本ホメオパシー医学協会の(ry »

ニュース紹介_朝日新聞社:ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 - アピタル(医療・健康)

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 - アピタル(医療・健康).

 日本学術会議は代替療法「ホメオパシー」の効果について、「科学的な根拠がなく、荒唐無稽(こうとうむけい)」とし、医療従事者が治療法に用いないよう求める会長談話を24日、発表した。山口市の女児ら死亡例が出たことを重視し、この療法が広まる前に、医療現場から排除する必要があると判断した。同会議が、特定の療法を否定するのはきわめて異例だ。

 東京大名誉教授の金澤一郎会長が会見で発表した。会長談話では、現段階でホメオパシーを信じる人はそれほど多くないが、医療現場から排除されないと「自然に近い安全で有効な治療という誤解」が広がると指摘。科学的根拠は明確に否定されており、医療関係者が治療に用いることは認められないとした。

 日本学術会議は、約84万人の科学者の代表として選ばれた210人の会員と、約2千人の連携会員からなる日本の「頭脳集団」。政府に対する政策提言や、社会への啓発などを行う。唐木英明副会長によると、1年半ほど前からこの問題について議論してきたという。昨年2月の厚生労働省の厚生科学審議会でも、金澤会長が指摘していた。

 唐木副会長は「十分理解した上で個人的に使うことは自由だが、科学的に全否定されているものを医療従事者が使うことは、通常医療を遠ざけることにつながり危険。日本学術会議として、『ホメオパシーは効かない』というメッセージを伝えることが重要と考えた」と説明した。

 日本学術会議も、朝日もグッジョブすぎ。

 子供に犠牲者が出ているんだから、どんなに早くても早過ぎるということはないんだけれど、組織で意思決定し、行動することの困難さを思えば(そしてその 決定が社会に与える影響の大きさを思えば)、朝日の一連の報道、そして日本学術会議の今回の会長談話の発表は、英断と言って良いと思います。

 どうか、犠牲者がひとりでも減ってくれますように。

 他の報道機関の追随とかは今後あるんでしょうか。テレビとかで取り上げられたりしたら、凄いことになりそう。
 私が批判しているのはあくまでも「ホメオパシーを医療の代わりに適用する行為」なので、あんまり批判が強力になると、今度は行き過ぎがないか心配になってしまうのだけど、早くそういう心配をしたいです。

|

« なんでこんな「見解」になるのか考えてみた | トップページ | 日本ホメオパシー医学協会の(ry »

ニュース」カテゴリの記事

ホメオパシー」カテゴリの記事

代替医療」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/36341001

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース紹介_朝日新聞社:ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 - アピタル(医療・健康):

« なんでこんな「見解」になるのか考えてみた | トップページ | 日本ホメオパシー医学協会の(ry »