« 日本ホメオパシー医学協会の(ry | トップページ | ホメオパシーが現在抱えている問題点のまとめ(になってるといいなあ) »

日本ホメオパシー医学会の(ry

 今回は日本ホメオパシー医学会のホームページに掲載されていた「見解」を読んだ感想です。

一連の報道と日本学術会議会長談話を受けての当学会の見解

 身体はともかく心と生命については科学がこれを十分には解明していない現在、これらに働きかける代替療法が十分な科学的根拠を備えるわけにはいきません。これは代替療法の責任でなくまだその域に達していない科学のほうにこそ責任があるのです。

・・・ええと、それは自ら科学的じゃないことを認めてしまっている、という解釈でいいのかしら。そうじゃないなら、たぶん以下のような表現になるんじゃないかと思うんだけど。

身体はともかく心と生命については科学がこれを十分には解明していない現在、これらに働きかける代替療法が十分な科学的根拠を備えるわけにはいきません。これは代替療法の責任でなくまだその域に達していない私たちホメオパシー関係者にこそ責任があるのです。

 日本ホメオパシー医学会は科学と無縁の世界に生きているかた達の団体なんでしょうか。

 代替療法を用いる場合は科学的根拠には難があることをしっかり押えた上での広い視野と謙虚さが要求されます。

 これは当然、「代替医療を用いる」ヒトに要求されることですよね。

 この癒しを担当するのが代替療法とお考え頂ければよいと思います。治しを担当する西洋医学とは同列には論じられませんが、こと医療となると大事な役割を果たしているのです。

 ここの部分は賛成、とはいいませんが、反対はいたしません。現在の医療が患者さんの不安を解消する上で、もしかしたら足りない部分があるのかも知れませんから。
 賛成、と言わない理由は、癒しを担当するのが「代替医療」でなければならない理由が述べられていないからです。家族の笑顔や、大切な人の励ましや、普通の宗教に対する信仰や、カウンセリングじゃダメなの?

 今回はたまたま代役を果すべき治療法がホメオパシーであったわけで、これが漢方薬であってもアーユル・ヴェーダであっても結果的には同じだったでしょう。だから、この一つの事件をもって、いきなりホメオパシーを非難するのはなにか唐突な感じがしてなりません。

 漢方であってもアーユルヴェーダであっても、あるいは通常の医療であったとしても、このような事件を引き起こすようであれば批判・非難の対象になるのだ、ということがお分かりになっていないのでしょうか。
 んで、今回の事件は漢方でも、アーユルヴェーダでも、通常の医療でもなく、まさにホメオパシーが引き起こした事件だったんですよね。

 私たちが望むものは、あくまでも医療の復権です。

 「医療の復権」が乳幼児の死を不可避に引き起こし、それを許容するようなものであるのなら、私はそんなモノいりません。
 「ホメオパシー」の名のもとに、今回のような事件の再発を防止できるように仕組み・仕掛けを見直し、改善していくことは、医療の復権を妨げるものなんでしょうか。
 医療の復権って、怖いですね。

|

« 日本ホメオパシー医学協会の(ry | トップページ | ホメオパシーが現在抱えている問題点のまとめ(になってるといいなあ) »

ニセ科学批判」カテゴリの記事

ホメオパシー」カテゴリの記事

代替医療」カテゴリの記事

コメント

ホメオパシーは治験を行っていないので、非科学的な偽医療ですよね。効果があるなら、臨床試験を行えば良いのだと思います。

投稿: uncorrelated | 2010年9月 4日 (土) 03時32分

ホメオパシー自身の持っている(固有の、とは云いませんけど、その性格に起因する)危険な要素について問題視されているのに、あたかもそれが代替医療全体に対してのものであるように敷衍して論じるのって、控えめに云っても論点のすりかえですよね。

投稿: pooh | 2010年9月 4日 (土) 06時43分

uncorrelatedさん、こんにちは。

>ホメオパシーは治験を行っていないので、非科学的な偽医療ですよね。

 ええと、これは私の認識とはちょっと違います(^-^;

 ホメオパシーに関して、臨床試験は複数行われ、効果がある、と結論づけた論文と、効果がない、と結論づけた論文の両方が存在しています。

 ただ、プラセボ効果、バイアス、その他の要因から、実験手続きに不備のある治験では誤った結論が導かれている可能性があります。

 そこで、実験手続きの厳密さまで考慮してふるいにかけ、信頼できる論文に対してメタ解析を行ったところ、ホメオパシーの効果は、プラセボと同等程度である。と結論づけられた。

 というのが、私の認識です。
 この辺は「代替医療のトリック」に書かれていることが私の認識のベースになっています。

>効果があるなら、臨床試験を行えば良いのだと思います。

 そのとおりだと思います。実験手続きの不備を指摘されたのなら、それを修正して再試験を行うのがスジですよね。
 ・・・まあもっとも、ホントに厳密に実施したら、公表できる結果が得られるとは思えませんけど(^-^;

投稿: ハブハン | 2010年9月 4日 (土) 07時48分

poohさん、こんにちは。

 ホメオパシーを、その所属する集合でまるめて表現するのであれば、「非医療」が最も適切だと思います(今準備しているエントリでは、この表現を使っています)。

 アーユルヴェーダはともかく、漢方などからは、ホメオパシーが「代替医療」「代替療法」を標榜することに対する反発が、もうちょっと見えても良いのではないかと思うのですけどねえ。

投稿: ハブハン | 2010年9月 4日 (土) 08時01分

> ホメオパシーに関して、臨床試験は複数行われ、効果がある、と結論づけた論文と、効果がない、と結論づけた論文の両方が存在しています。

支持者が参照しているのは(デキの悪い)学術論文で、医薬品として承認を受けるための臨床試験をパスした形跡が無いと言う事です。
特定の症例に対して、薬効があるかどうかの臨床試験を通れば、堂々と科学的な効果を名乗れます。つまり、医薬品として認定を受けるまでは、偽医療だと言う事です。

ドイツは2004年に公的医療の対象外になり、英国では2010年に下院の委員会が科学的根拠が無く公的医療の対象外とすべきだと勧告したので、無理でしょうけど。

投稿: uncorrelated | 2010年9月 4日 (土) 08時36分

>uncorrelatedさん

 んー、むむ。そうすると、すべての代替医療は偽医療、ということになってしまいませんか?
 偽医療と判断する際の基準の一つである、という意味でおっしゃっておられるんなら分かるんですが。

 多分お互いに違う表現を用いているだけで、そんなに大きな意見の相違はないのかも知れませんが。

投稿: ハブハン | 2010年9月 4日 (土) 09時34分

そもそもこの団体は、ホメオパシーを冠にした時点でホメオパシー自体の見方を誤ってしまっている訳で、それが根本的な大きな間違いであったと思います。
せめて「日本代替医療医学会」とでもしていたならば、ホメオパシーに対してもっと冷静な評価が下せたのではないかとも思うのですが。
医療はあくまで患者自身のためにあるべきで、患者に悪影響を及ぼす恐れがあると分かればそれを切って捨てる事に何の躊躇もないはずですが、この談話からはただホメオパシーを守るためだけとしか受け取れませんね。

投稿: OSATO | 2010年9月 4日 (土) 09時42分

>OSATOさん

はじめまして、横レス失礼。
日本ホメオパシー医学会の帯津良一氏はガチのホメオパシービリーバー(他にも、気功、レイキ、サトルエネルギー)のおっさんなので、冷静な判断は無理です。

それに統合医療の題目で他にも手広くやっているので、問題ないです(オオアリ)。
日本統合医療学会(IMJ)
http://www.imj.or.jp/index.html
日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)
http://www.imj.or.jp/jact/20071201.html
日本ホリスティック医学協会
http://www.holistic-medicine.or.jp/

投稿: うさぎ林檎 | 2010年9月 4日 (土) 13時11分

OSATOさんこんにちは。
うさぎ林檎さんこんにちは。

 日本ホメオパシー医学会の見解は、なんというか・・・なんというか、ねえ・・・な感じでした(^-^;

 科学の基準で考えることを否定するなら、それはそれでいいんですよね。そのかわり、『効果がある』とも『副作用がない』とも言えなくなるけど。
 逆にあくまでも科学的に正しいと言いたいなら、今度はその検証責任を、主張しているヒトが負うだけですよね。

 科学(医療)の道を選ぶにしても、オマジナイの道を選ぶにしても、それぞれの手法に則って有効性を確立する努力をし、適用範囲を逸脱しないように自浄を働かせるのも組織の、あるいは所属している個人の責務であるはずです。

 それなのに、「ホメオパシーの効果が科学的に証明されないのはおまいらが悪い!」とか、「ホメオパシーが悪いんじゃないんだ! 悪いことしたのがたまたまホメオパスだっただけなんだ!」とか・・・それ、なんて甘えんぼさん?

投稿: ハブハン | 2010年9月 4日 (土) 23時21分

> すべての代替医療は偽医療、ということになってしまいませんか?

統計的に効果があれば通るので、すべての代替医療は治験をするべきだと思います。

投稿: uncorrelated | 2010年9月 4日 (土) 23時25分

>uncorrelatedさん

 賛成です。もしくは「代替医療」「代替療法」の名称を変更するか・・・
 医療の一種であるかのような印象をあたえる言葉で、色々なモノがひっくるめて呼称されていることの悪影響って、結構シャレにならないと感じる気持ちが、どんどん強くなっています。

投稿: ハブハン | 2010年9月 4日 (土) 23時34分

>うさぎ林檎さん

こちらこそ初めまして。ホメオパシー関連のうさぎ林檎さんのコメント、いつも参考にさせていただいてます。

>統合医療の題目で他にも手広くやっているので、問題ないです(オオアリ)。

ああ、よく考えてみたら「日本統合医療学会」でも理事やってたんですよね。ころっと忘れてました(^^ゞ。
それにしても、「学会」やら「会議」やら「協会」と、素人さんから見たらさぞかし凄い人なんだというイメージを持たれる事でしょうね。
しかしてその実体は…という所で、医師本人がビリーバーさんの場合どうするのかという問題が、もしかしたらこれからクローズアップされるかもしれませんね。

>ハプハンさん
>もしくは「代替医療」「代替療法」の名称を変更するか

賛成ですね。例えば「補完医療」とか。
「代替」とするから現代医療の「代わり」として使えるものだという誤解が生じてしまってるとも思われます。
この際きっちりと「補完医療」と「擬似医療」とを分けて欲しいものですね。

投稿: OSATO | 2010年9月 4日 (土) 23時53分

>ハプハンさん
>OSATOさん

こんばんは。

asParaの「第3弾「ホメオパシー療法、信じる前に疑いを」」でしつこく続いている議論に通常医療に対する表現として「民間療法」と敢えて使ってみますた。個人的には"療法"がまだ手ぬるい気がするので、何かお知恵があれば拝借したいです。
お二人が仰有るように、代替医療一般を一緒くたに扱うのが多分間違いで、もう少し厳密な表現が必要ですね。

帯津氏はですねー、質悪いんですよアノおっさん。"報道ステーション"の時も"JBPRESS"の時も後ろに帯津氏がいたんですよねぇ。五木寛之氏とも共著がありますし、マスコミ対策が上手いんです。
ご本人が医師であることの強みを最大限自覚して利用されているので本当に侮れません、ある意味由井氏よりも問題の根が深いです。
サトルエネルギーのくせしてね。

投稿: うさぎ林檎 | 2010年9月 5日 (日) 01時09分

OSATOさんこんにちは。
うさぎ林檎さんこんにちは。

 新しいエントリではとりあえず「非医療」を使ってみました。
 ただ、「非科学」と同じで、普通の人に対してはちょっとネガティブすぎる印象をあたえる言葉かもしれず、妥当性にはそれほど自信はありません(^-^;

 「科学でないもの」「医療でないもの」の中にも、価値有るものがたくさんあるんですけど、「◯◯にあらざるもの」がそもそも、◯◯を上に見ている表現と言えるかも知れません。
 「非」という文字を使わない固有の呼称があればいいんですよね。
 医療であることを否定されちゃったあとにナニか残る、残せるものがあるなら、それを基に表現を考えられるのですけど、今のところ私にはそういったモノは見えてなくて(^-^;

投稿: ハブハン | 2010年9月 5日 (日) 23時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/36525059

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ホメオパシー医学会の(ry:

» 日本ホメオパシー医学協会への反論 [発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版]
日本学術会議のホメオパシーに関する見解に対する日本ホメオパシー医学協会の反論への突っ込み [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 00時07分

« 日本ホメオパシー医学協会の(ry | トップページ | ホメオパシーが現在抱えている問題点のまとめ(になってるといいなあ) »