« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

プラセボについてちょっとだけ考えてみた

 プラセボに関する議論を拝見して、色々と考えていました。

kikulog様の以下のふたつのエントリ

「予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える」岩田健太郎
プラセボ

 プラセボについては、代替医療とのカラミでは結構前から考え続けているのですが、なかなか自分の見解をまとめることができてません。
 まだ考え途中なのだけれど、考えたところまでを散文的に書いておきます。
 周回遅れのことをネチネチ書いてるだけになっちゃってるかも知れませんが、ご容赦を(^-^;

続きを読む "プラセボについてちょっとだけ考えてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワをかけてガイシュツでつ

 以前エントリを挙げてトラックバックを飛ばしたら、応答をいただきました。

 ブログ 命のデモ行進さまの最初のエントリ

菊池誠は科学者か?①

 それについて書いた私のエントリ

おしなべて「それガイシュツでつ」的な。

 それに対してトラックバックをいただいたエントリ

因習科学信望者への回答①

 「信奉者」じゃなくて「信望者」なのね。
 さいしょ、逐一反論を書いていたんだけど、えーと、結局のところ、言ってることは以下のふたつだけ、ですよね。

(1)「水からの伝言」やマイナスイオンは科学の物差しでは計れない(「科学を超えている」そうな)。
(2)科学は万能ではない

続きを読む "ワをかけてガイシュツでつ"

| | コメント (7) | トラックバック (3)

「プラセボ」についてなのか、他の何かについてなのか

 今日はヒトリゴト。慨嘆というか、なんというか。

 kikulogのコメント欄がひどい事になってる。以下のエントリの「プラセボ」をめぐるやりとり。

「予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える」岩田健太郎(現時点で44コメント)
プラセボ(現時点で17コメント)

 少なくとも二つの食い違いを抱え込み、修正のきかないままに進行中。

(1)「容認」「許容」に、それぞれが異なる意味を含ませている。
(2)現実の(日本の)ホメオパシーをベースにしてしているヒトと、原理としてのホメオパシーをベースにしているヒトのやりとりになってる。

 食い違い、以外の対立点も当然あるんだけど、霞んじゃってる。
 なんかここ最近(いや、前からだけど)「やっぱコトバって難しいなあ」って感じるコトが多いなあ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学的であることが正しさを帯びるときもある

 前エントリの続きみたいなものですが、メインテーマから外れるので、分けて書きます(ってか、ワタシ的にはこっちがメインかも)。

 トラックバックをいただいた当ブログのエントリ。
「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」 

 王様は裸だ!Annexさまのエントリ。
「私も「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」

続きを読む "科学的であることが正しさを帯びるときもある"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「科学的に正しい」について、なんども考えてみた

おおお、Judgementさんからトラックバックが!

 トラックバックをいただいた当ブログの過去のエントリ。
「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」 

 王様は裸だ!Annexさまのエントリ。
「私も「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」

(記事内容に対する直接的な批判ではないので、ハブハンさんもご安心を)

 えと、kikulogその他でのご活躍を拝見していた私としては、↑この一文がいちばんドキドキしたりとかw

 で、内容については・・・スミマセン、よく分かりませんでした(爆)
 結論に到るまでの理路が完全に追えてはいないのだけれど、私の考え方について説明を試みてみます。

続きを読む "「科学的に正しい」について、なんども考えてみた"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

改めまして

 明けましておめでとうございます。

 お休み中は久しぶりに帰省し、のんびりと過ごしました。
 昨日は久しぶりに東京へ。東京で私が行く場所は大体決まってて、上野公園です。

P1030065

 最近はココロ惹かれる展示会があんまりなくて、ちょっと足が遠のいてるんですけどね(^-^; またエゴン・シーレとかやんないかなあ。

 迷ったすえ、東京国立博物館へ。リニューアル記念の特別公開も見ごたえありましたが、今年の干支であるウサギにまつわる展示もなかなかでした。んー、でもやっぱり特別公開かな。富嶽三十六景は改めて圧倒されました。すげーよ、コレ。
 企画展ではないので入場料は600円。今月16日までなので、興味のあるかたはゼヒ。

 敷地内ではこんな催し物もやられてたけど、これはさすがに三が日だけかな。

P1030067_2

Rimg0079_2

 シシマイは地下のミュージアムショップにも大乱入。フリーダムすぐる。

Rimg0082_2

 レジに並んでるおっちゃんからはガン無視されて、ちょっと可愛そうでしたw

 その後、チョー久しぶりに神田の古本屋街でも行ってみっかー、と、地下鉄で移動。東京の地下鉄ってゴチャゴチャしてて苦手なんですが、今年の私には、フフ、iPhoneという心強い味方がいるのですっ! って、前のケータイでもおんなじことはできたんだけど、そこはまあ気分の問題で(^-^;

 で、移動中こんなカンバンが・・・

Rimg0083

 メイドとリフレクソロジー、奇跡の融合。いやまあ、東京らしいというかなんというか。
 リフレクソロジーについては「代替医療のトリック」の中で評価されていました(ただしメイドは無関係)。

<P446より引用>

 リフレクソロジーによって健康上の問題を診断できるという考えは否定されており、なんらかの疾患を治療できるという主張を裏付ける説得力のある科学的根拠もない。リフレクソロジーは高価な治療法だが、リラックスのためのごく普通の足マッサージを上回る効果はなさそうだ。

 と、いうことで、フツーのマッサージとして楽しむ分にはいいんじゃないでしょうか。閉店しちゃってるみたいだけど

 ところで私は、生まれてこのかた4回しか肩こりになったことがないという特異体質wでして、マッサージも未経験なのですが、コレってやっぱ、効果のあるものなんでしょうか?
 「マッサージには効果がある!」「EBMもほら、このとおり!」「メイドだと効果倍増!」とかいう証言、募集(ウソ)(※1)。

<注釈>
※1
 っていうか、「マッサージ 科学的根拠」で検索すると、うさん臭いトコしかひっかかんない・・・「気持よさ」を求めるならいいんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけおめ2011

P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »