« 改めまして | トップページ | 科学的であることが正しさを帯びるときもある »

「科学的に正しい」について、なんども考えてみた

おおお、Judgementさんからトラックバックが!

 トラックバックをいただいた当ブログの過去のエントリ。
「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」 

 王様は裸だ!Annexさまのエントリ。
「私も「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた」

(記事内容に対する直接的な批判ではないので、ハブハンさんもご安心を)

 えと、kikulogその他でのご活躍を拝見していた私としては、↑この一文がいちばんドキドキしたりとかw

 で、内容については・・・スミマセン、よく分かりませんでした(爆)
 結論に到るまでの理路が完全に追えてはいないのだけれど、私の考え方について説明を試みてみます。

 まず最初に、分かんなかった部分をあげると、

 念のため言っておけば、このフレーズが「科学的だから正しい」という意味で使っているわけではない、という事は分かっているからね。

っていうのから、

 それを言うなら単純に「科学的である」でいいんじゃない?

って繋がっているのが、上手く把握できてません。

 おそらく、この表現を使っている人に説明を求めれば、「ちゃんと科学的に考えた場合そうなる、という意味だ」、という答えが返ってくるのだと思う。

 じゃぁ、どういう意味で使っているかというと、例えばハブハンさんや、記事で引用されていたきくち先生とかは、「科学の枠組みに含まれるコト」、あるいは「科学の枠組みに含めていいコト」を「科学的に正しい」と言っているようなのだ(私の読解ではね)。

「科学的」とは、それ自体が“科学的かどうか”という“判断”の結果を示している。そこにさらにあえて「正しい・間違い」という“判断”の表現を重ねて組み入れる必要があるのだろうか、という話。

 ナルホド、私の感覚だと「科学の枠組みに含まれる」=「科学的である」がむしろ近いので、Judgementさんのお書きになっていることが「科学的」→「正しい」を前提としているように読めてしまって、それで主意がつかめなくなっているのかも。
 私なりの言葉で説明すると、こんな感じになります。

科学的である/ない:
 ある主張(仮説)を検証し評価する手続きや方法が科学のお作法(Judgementさん言うところの「科学の枠組み」?)に則っている/いないこと。

科学的に正しい/正しくない:
 科学のお作法に則って判断した場合、ある主張(仮説)が事実に合致している/合致していないと判断されること。

科学的にではなく正しい/正しくない:
 科学のお作法以外の基準を用いて判断した場合、ある主張(多分仮説、ではない)が理にかなっていること。

 以上を踏まえてちょっとパラフレーズしてみると・・・

「科学的である」:
「この主張、科学のお作法で検証して評価できそうですね」
「この主張の検証・評価で採用されている手続きや方法は、科学のお作法に則っていますね」

「科学的に正しい」:
「この主張、科学のお作法に則って判断するなら、正しい、と言えそうですね。ソレ以外の判断基準ではどうか分かりませんけど」

 やっぱり、「科学的である」コトがすなわち「正しい」というのが前提にあってはじめて、

 私としては、「科学的に正しい」とは”蛇足“を含んだ変な表現ではないかと考える。

という見解になりそうな気がするです。で、その場合の「正しい」には(私の切り分けに従えば)科学的にではない「正しい」が含まれていそうです。
 たぶん、

 「科学的」とは、それ自体が“科学的かどうか”という“判断”の結果を示している。そこにさらにあえて「正しい・間違い」という“判断”の表現を重ねて組み入れる必要があるのだろうか、という話。

という部分に、どうも私が想定できていない何かがありそう、だとは思うのですが、それがなんなのかは、やっぱ分からないのでした。「科学的かどうか」と「正しいかどうか」に、どんな意味の重複があるのか、分かんない。

 それとは別に、言葉は結局相手にどう伝わるかが重要なので、

 例えば、『科学vs オカルト』の場においては、「科学的である・ない」という表現が使われてきた(と勝手に予想)。

 そこでの「科学的である・ない」という“判断”は、『科学』と『オカルト』を分けるための基準として機能するだけなんだね。

 んで、分類した上で比較し、「信頼性」という比較項目における「科学」の優位性を主張しておいて、「まぁ、それを信じるのも夢があっていいかもしれないけどさ」と否定も肯定もしない、というのが“大人の対応”だったと思う。

 んで、そういう場で、強いて「科学的に間違っている」とか「科学的に正しい」なんて表現を使う人は、そのコトバに「科学的でないから間違っている・正しい」という意味を含めていただろうし、そう捉えられても仕方ない状況であった。

 また、そのような事を言う人は“良識を気取る方々”に『科学絶対主義』のレッテルを貼られ、他の「科学支持者」にまで蔑まれたりしてきたわけだ。

のようなコトがあるとしたら、わざわざ「科学的に」などという限定を付けるこちら側の意図とはま逆の捉えられ方をされているわけで、それは確かにまずいなあ、と思います。
 私はオカルトってあまり詳しくないんですが、上記のようなコトが広く背景として存在しているんでしょうかねえ。


 「科学的である」→「正しい」という価値判断を含むケースに付いても考えてみましたが、それは別エントリにします。

|

« 改めまして | トップページ | 科学的であることが正しさを帯びるときもある »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

 応答ありがとうございまする。
 でも、何でドキドキされちゃってるんだか...
 まぁ、これも私の人徳って奴か(←違う)

 んで、なんか私のまわりくどい書き方がかえって分かりずらくしてしまったようですね。スマヌ

 とりあえずは、冒頭の疑問に答えておきましょう。
 「それを言うなら」が「念のために~」に繋がっているわけではないんです。そこは、「科学的だから正しい」という意味”ではない”のだろう、という事を「念のために」言ったダケ。
 
 そこは「おそらく、この表現を使っている人に説明を求めれば」以下に繋がってまして、改めて言えば『「ちゃんと科学的に考えた場合そうなる」という意味ならば単純に「科学的である」でいいのでは』というのが、私の問題提起。

 私は『「科学的」→「正しい」を前提』とは捉えていませんよ。私にとって「科学的」とはあくまで”物事の側面”を示した評価の一つ、ですね(このあたりは、『科学的であることが正しさを帯びるときもある』の記事内容に通じるところがあると思いますが)。

 んで、例えばあるもの(こと)の性質のひとつの示し方として、「芸術的である」「能率的である」「合理的である」とは言うけれど、これらについて「~的に正しい」という使われ方は(おそらく)されません。
 また、それらの性質が「無い」という場合は、「~的に間違い」とは言わず、「~的ではない」が使われますよね。
 
 それに、ハブハンさんの『「科学的に正しい」について、もっかい考えてみた』だって、文中の「科学的に正しい」を「科学的であること」に変換しても、大体意味が変わらないで読めるわけです(私にはね)。

 なのに、あえて「正しい」を付け加えてしまうのは何故なんだろう、って話。

 科学は「再現性や客観性が暫定的に担保されるか」は判断するけれど、「正しいか正しくないか」は判断してはいないのではないでしょうか。
 また、ある仮説について、どんなに現有理論と辻褄が合おうが、科学的検証法による実験や調査で確認されなければ「科学的」と言えないでしょうし、逆にどんなに現有理論と矛盾しようが、科学的検証法による実験や調査で確認されれば「科学的」と評価されるべきでしょう(まぁ、そんな事例が現実にあったかは別として)。
 ...というのが私の「科学的」に対する考え方です。
 
 逆にハブハンさんに質問
 「科学的に正しい」において、「正しい」と判断している主体は誰なんでしょう。

 まぁ、詳しくはもう少しハブハンさんの記事をしっかり読んで、しっかり考えてから書こうと思います。また、もしも今回の説明で疑問が晴れた部分がありましたら、もう一度読み返してご再考いただければ幸いどす。

【追伸】
 ブラウザの問題なのかなんなのか、TBが無事送られているのが確認できなかったので、2度ほどTBを送ってしまいました。
 2つ行ってたら、いっこ削っておいてくださいな。

投稿: Judgement | 2011年1月11日 (火) 01時06分

Judgementさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
 お返事を書いたら長くなってしまったので、コメントではなく、こちらでエントリとして挙げさせていただきました。

> でも、何でドキドキされちゃってるんだか...
> まぁ、これも私の人徳って奴か(←違う)

 あ、すみません、これはきわめて個人的な事情です。
 私自身がブログで情報発信を始める前からさまざまなトコロで拝見し、勉強させていただいていたかた(poohさんとかTAKESANさんとか、その他もろもろのかたたち)とお話をするときはいつもドキドキします。なんというか、ガッコの先生とマンツーマンで話をしているような気分(^-^;
 もちろん、こういう感覚を勝手に引きずって対応するのはかえって失礼かと思うので、コメントの内容とは切り離すように注意してますけど。

 今回は、そうですね、職員室に行ったら先生から「いい? 今から話すことは、あなたに直接は関係ないことだから、落ち着いて聞いてね?」って前置きされたときのドキドキ感をご想像くださいw

 閑話休題。

 Judgementさんのエントリ、及びコメントを拝見して、二つほど推測してみました。

(1)
 例えば「科学的検証法による実験や調査で確認された結果、仮説Aは支持された」という表現を「仮説Aは科学的に正しい」とパラフレーズすることに、Judgementさんは違和感をお感じになるのだろう。
(2)
 一方で私は「仮説Aは支持された」を「仮説A(の内容並びにその検証及び結論を導く手法)は科学的である」という表現の中に含めてしまうことに違和感を感じながら応答のエントリを書いたのだけど、たぶんこれは、そもそもJudgementさんが仰っていることではないんだろう。


 これらの推測が正しい場合は やっぱり「正しい」という言葉の使い方、その意味の捉え方の違いが互いの違和感の根本にあるのでしょう。

 私は主張(仮説)の妥当性を表す言葉としてしか「正しい」を捉えていなかったので、「科学的に正しい」という表現に違和感を感じなかったし、逆に「科学的ではないが、正しい」という表現にも違和感を感じないわけです。
 一方で「科学的に」というコトバは前提(限定)条件として捉えていました。「正しい」という、広汎に使用される言葉は、枕ことばを付けなければこちらが肯定していないものを肯定していると受け取られかねないから、その適用範囲を狭めるための前置きだと。

 えーと、ここまで書いて、他のエントリにいただいたトンデモブラウさんのコメントを拝見したのですけど・・・

>「科学的に正しい」は、科学の方法に則ってに判断すると科学的だといえる、という意味だと思う

 ・・・うーん、複数のかた達から、私の意図とは異なる解釈がされているというコトで(^-^; 「科学的に正しい」という表現は大きな誤解を与える(少なくとも私が意図した通りには受け取ってもらえない)モノのようですね・・・正直、夢想だにしていなかったので、ガクゼンとしております。うーん。

 すみません、ちょっと私自身の表現を見直したほうがよさそうだと思ったので、個別の応答はあとにして、もう一度考えてみます。表題の通り「なんども考えて」みないといけないみたいですね(^-^;

 あ、でもご質問いただいている部分にはお答えを(今の私の用法に従って、お答えします)。

> 逆にハブハンさんに質問
 「科学的に正しい」において、「正しい」と判断している主体は誰なんでしょう。

 狭い範囲では、ある主張(仮説)の妥当性を吟味する際に、科学的手法の適用を決定し、実際に吟味し、結論する人、ですね。
 広い範囲では、その結果が公にされた時に、内容を確認し結論の妥当性を追認する人たちも、です。

 んで、科学的手法を適用し、吟味した結果として、その主張(仮説)が「科学的に間違っている」と結論されることもある、というコトです。

 と、ここまでにしておきます。

投稿: ハブハン | 2011年1月11日 (火) 20時30分

はじめまして、NANと申します。
Twitterから流れ流れて、なぜかこちらのエントリーに辿り着きました。興味深い考察でしたので、当ブログでも記事にさせていただきましたので連絡です。
当方からもTBしてみたのですが、反映されないようですのでコメントにてお知らせしました。
http://www.avgas-bb.com/wp/?p=718

投稿: NAN | 2011年2月19日 (土) 20時38分

 NANさん、トラックバック及びコメントありがとうございます。

 トラックバックやコメントは承認制にはしていないんですが、今確認したらナゼか保留扱いになっていたので、公開に設定しなおしました。
 もう2年くらい続けているんですが未だに仕組みがよく分かってなくて(^-^; 失礼しました。

投稿: ハブハン | 2011年2月20日 (日) 22時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/38402808

この記事へのトラックバック一覧です: 「科学的に正しい」について、なんども考えてみた:

» ハブハンさんの「科学的に正しい」から、色々考えてみた [王様は裸だ!Annex]
 前の記事について、ハブハンさんの応答がありました。  それについて書きたい事は色々あるのですが(文句じゃないよ)、少しずつやっていきます。  まずは、せっかく説明していただいたハブハンさんの区分について私なりに理解してみたい。... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 02時02分

» 『「科学的に正しい」について、なんども考えてみた』について考える。 [粉塵爆発電網記憶]
ひさびさに議論系のエントリーを。 TwitterでNATROM氏が 『三条市立上林小学校でエコクラス認定証交付式。「いつもかがやけ!EM菌」のグループも。EM菌感染はじわじわ広がっているようだ。http://www.kenoh.com/2011/02/18eco.html』 と、呟いていた。 同じ新潟県民として三条市の記事が気になり、最近のEM菌まわりの動向を軽くググっていると、ハブハンさんという方のブログを見つけた。記事はEM菌とは直接関係ないのだが、興味深... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 13時01分

» 科学と「正しさ」について考えてみた [王様は裸だ!Annex]
 久々更新。  ハブハンさんに自分から話を振っておいて、中途半端なままにしてしまっていてスマヌ。  いいかげんハブハンさんの返事に対する返事を書いておかねば。 [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 22時28分

« 改めまして | トップページ | 科学的であることが正しさを帯びるときもある »