« 科学的であることが正しさを帯びるときもある | トップページ | ワをかけてガイシュツでつ »

「プラセボ」についてなのか、他の何かについてなのか

 今日はヒトリゴト。慨嘆というか、なんというか。

 kikulogのコメント欄がひどい事になってる。以下のエントリの「プラセボ」をめぐるやりとり。

「予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える」岩田健太郎(現時点で44コメント)
プラセボ(現時点で17コメント)

 少なくとも二つの食い違いを抱え込み、修正のきかないままに進行中。

(1)「容認」「許容」に、それぞれが異なる意味を含ませている。
(2)現実の(日本の)ホメオパシーをベースにしてしているヒトと、原理としてのホメオパシーをベースにしているヒトのやりとりになってる。

 食い違い、以外の対立点も当然あるんだけど、霞んじゃってる。
 なんかここ最近(いや、前からだけど)「やっぱコトバって難しいなあ」って感じるコトが多いなあ(^-^;

|

« 科学的であることが正しさを帯びるときもある | トップページ | ワをかけてガイシュツでつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/38521911

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラセボ」についてなのか、他の何かについてなのか:

« 科学的であることが正しさを帯びるときもある | トップページ | ワをかけてガイシュツでつ »