« 事務連絡 | トップページ | 東北関東大震災 »

ワクチン2種を一時見合わせ=同時接種後に4児死亡—厚労省 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 こんな記事が出ていますね。

リンク: ワクチン2種を一時見合わせ=同時接種後に4児死亡—厚労省 (時事通信) - Yahoo!ニュース.

小児用肺炎球菌ワクチンと細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンの同時接種を受けた子供の死亡例が相次いで報告されたとして、厚生労働省は4日、両ワクチンの接種を一時見合わせるよう自治体などに伝えた。
 同省によると、死亡したのは兵庫県の宝塚市と西宮市、京都市、川崎市の4人で3カ月〜2歳。いずれも両ワクチンや、これにDPT(ジフテリアなど3種混合)を加えた3種類の同時接種を受けた翌日や3日後に死亡した。
 報告した医師は接種と死亡の因果関係を「不明」などとしたが、同省は念のため当面接種を見合わせる必要があると判断。週明けにも専門家を集めた検討会を緊急開催し、検証することを決めた。 

 厚生労働相の発表はこちら。

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告と接種の一時的見合わせについて

小児用肺炎球菌ワクチン(販売名:プレベナー水性懸濁皮下注)及びヒブワクチン(販売名:アクトヒブ)を含む、ワクチン同時接種後の死亡例が、3月2日から本日までに4例報告されました。(概要は別添)
ワクチン接種と死亡との因果関係は、報告医によればいずれも評価不能または不明とされており、現在詳細な調査を実施しています。

このような状況から、「小児用肺炎球菌ワクチン(販売名:プレベナー水性懸濁皮下注)」及び「ヒブワクチン(販売名:アクトヒブ)」については、因果関係の評価を実施するまでの間、念のため、接種を一時的に見合わせることとし、自治体及び関係製造販売業者に連絡しました。

 まず、お亡くなりになったかたたちのご冥福をお祈りいたします。

 Q&Aによると、過去100〜150万人に摂取し問題がなかったということですから、ワクチンの問題かどうかは難しいところで、もしかしたらワクチンそのものではなく、そのなかの特定のロットに発生した問題なのかも知れませんね。

 それにしても、子供のためを思って摂取したワクチンによって子供を亡くしてしまった(のかもしれない)親御さんたちの心中を思うと、胸が重くなります。
 医療行為による副作用の可能性はどうしてもゼロにはならなくて、でも決してまちがったわけじゃないのに、自分の選択が子供を死に追いやってしまったという悔いを抱かずにはいられない。

 きっともう(因果関係が最終的に否定されたとしても)二度とワクチンを摂取することはないんだろうな・・・

|

« 事務連絡 | トップページ | 東北関東大震災 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/39118599

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチン2種を一時見合わせ=同時接種後に4児死亡—厚労省 (時事通信) - Yahoo!ニュース:

« 事務連絡 | トップページ | 東北関東大震災 »