« 「電解水」がよくわからない。 | トップページ | 読書感想_デタラメ健康科学(2) デトックス »

読書感想_「デタラメ健康科学_代替療法・製薬産業・メディアのウソ」

デタラメ健康科学_代替療法・製薬産業・メディアのウソ(英題:BAD SCIENCE)」を読みました。

 大きくは「代替医療のトリック(英題:Trick or Treatment)」と同じ方向性の本ですが、力点の置き方はかなり違っていて、「代替医療のトリック」がEBMの重要性について詳細に説明しているのに対して、こちらは代替医療や製薬会社、メディア等の「やり口」をこと細かに紹介しています。
 特徴は、いわゆる「代替療法」だけではなく、サプリメント業界や製薬業界なども取り上げて問題点を指摘しているトコロ、そして、かなりのページ数をさいて、メディアの問題点を指摘しているトコロです(メディアは「代替医療のトリック」でもかなり批判的に書かれていましたが、こちらの本ではそれ以上です)。
 両方とも有意義な本には違いありませんが、両方とも読むなら「代替医療のトリック」を先にしたほうが理解が深まるかも。

 本の目次がとてもいい内容紹介になっているので、小題まで含めてご紹介。

第1章 デトックスで体はきれいになる?
 フットバスは演出がすべて
 イヤーキャンドルで耳垢は取れる?
 デトックスパッチは毒素を吸い出す?
 デトックスは科学ではなく文化の産物

第2章 脳を活性化させるエクササイズ? ーーブレインジム
 ブレインジムって?
 「脳科学モドキ」にだまされるな
 ニセ科学は頭の働きを鈍くする

第3章 高級な化粧品の正体
 保湿クリームに含まれる魔法の成分
 効能書きのまやかし
 化粧品の広告が広める誤った世界観

第4章 通常の医療に代わる療法 ーーホメオパシー
 代替療法ホメオパシーとは何か?
 薄められた水に記憶力がある?
 どうすれば効果を確かめられるのか?
 先入観を取り除く ーー盲検化
 調べる対象をランダムにふり分ける ーー無作為化
 研究結果を集めて分析する ーーメタ分析
 ホメオパシー界が抱える無知と矛盾

第5章 信じることで改善する ーープラセボ効果
 プラセボ効果の威力を調べる
 どういうふうに治療が行われるかが重要
 医師の言葉や信念が結果を左右する
 医師と患者の信頼関係が物をいう
 プラセボ効果には文化も影響する
 プラセボは正しく用いるのが肝心

第6章 栄養評論家の作り話
 栄養評論家の過ち その一 ーーありもしないデータを持ってくる
 栄養評論家の過ち その二 ーー観察データから勝手に因果関係を見つける
 栄養評論家の過ち その三 ーー実験データから短絡的な結論を引き出す
 栄養評論家の過ち その四 ーー都合のいい研究だけを選ぶ
 抗酸化物質は本当に体にいいのか?
 抗酸化物質に対する幻想の崩壊
 サプリメント業界と栄養評論家に踊らされる消費者

第7章 サプリメントが社会問題を解決する
 「魚油のサプリメントでうちの子の頭が良くなるの?」
 なぜこんな実験ではだめなのか?
 魚油の効能を示す科学的根拠はある?
 何でも薬やサプリメントで解決しようとすることの弊害
 サプリメント業界に利用されるメディア
 サプリメント業界の呆れた手口

第8章 ビタミンでエイズは治らない
 代替療法士マティアス・ラスの過激な主張
 南アフリカ政府はエイズの存在を否定する
 保健大臣の言い分とその背景
 ラスの攻撃と医師たちの闘い

第9章 製薬業界のだましの手口
 製薬業界の実態
 薬の一生 ー製薬会社のやりたい放題
 なぜこんなことがまかり通るのか?
 肯定的な結果は公表され、否定的な結果はお蔵入りする ーー公表バイアス
 同じ結果を繰り返し発表する ーー多重投稿
 副作用を隠す
 鎮痛剤をめぐる製薬会社の不正
 データを公表するなと研究者を脅す
 世界中の問題を解決するたったひとつの安価な方法
 製薬会社の巧妙な宣伝

第10章 メディアが科学をおとしめる
 買って読む価値のないばかげた話
 「男性はみんなペニスが大きくなるだろう」
 「ジェシカ・アルバがセクシーな歩きかたの研究で一位に」
 メディアは大発見に飛びつきたがる
 「研究によると・・・」という記事には要注意

第11章 なぜ賢い人がばかなことを信じるのか
 思考の錯覚 その一 ーー規則性のないところに規則性を見出す
 思考の錯覚 その二 ーー何もないところに因果関係を見出す
 思考の錯覚 その三 ーー仮説に合う情報を重視する
 思考の錯覚 その四 ーーすでにもっている信念に影響される
 思考の錯覚 その五 ーー思い出しやすい情報を重視する
 思考の錯覚 その六 ーー集団に影響される
 思考の錯覚に陥らないために科学や統計がある

第12章 誤った数字が用いられることの恐ろしさ
 メディアは大げさな数字を好む
 メディアは都合のいい数字を選んで不安をあおる
 運動場にコカインが氾濫している
 ばかげた統計のつくりかた
 めったに起きないことをどうやって予測するのか?
 デタラメな数字で刑務所に送られる
 「結論ありき」の怖さ

第13章 メディアがありもしない健康不安をあおる
 殺人細菌汚染でっちあげ事件
 科学を無視するメディア
 サリドマイド事件とメディアの誇大妄想
 エピローグ

第14章 メディアが広めた新三種混合ワクチンのウソ
 新三種混合ワクチンが自閉症の原因?
 背景にあるワクチン恐怖症
 発端となった論文の問題点
 論文をめぐるさまざまな疑惑
 報道の開始とワクチン反対運動の激化
 自閉症という病気
 ブレア元首相の息子をめぐる大騒ぎ
 科学的な中身のないメディアの報道
 ワクチンの安全性を示す科学的根拠を検証する
 メディアが報じたお粗末な「科学的根拠」
 不安をあおる情報のみ伝え、安全性を示す情報は無視する
 ワクチン騒動が残したもの


 個人的には、プラセボについて書かれている章をとても興味深く読みました。
 「代替医療のトリック」とはスタンスが違う、というか、プラセボの定義自体が微妙にずれているみたい。
 こちらの本ではホーソン効果とかも紹介されているんですが、それらも含めて「プラセボ効果」として位置づけている、のかな。医者に対する信頼感や治療への期待のようなものまで全部ひっくるめて「プラセボ効果」とした上で、その有用性を一定程度認めているようです。
 もちろん、プラセボ効果が得られるから、という理由で代替医療その他の利用を認めているわけではないです。

<p.100より引用>

あくまでプラセボより実効のある治療を施すことが前提で、その効果を更に高める目的でプラセボを用いるのが肝心だ。そうすれば患者を惑わすことなく治療を改善できるはずである。

 あと、ウソをつかずにプラセボ効果を得ることが出来る、として、以下のような例が紹介されています。

<p.94より引用>

患者には用意された現行どおりに説明をする。「◯◯さん・・・今日から次の診察まで一週間あります。その間、◯◯さんの症状を和らげる処置をさせていただきたいんです。◯◯さんのようなショウジョウにはいろいろな種類の精神安定剤や似たような薬が使われ、大勢の人がそれで楽になっています。そのほかに、◯◯さんのような症状がいわゆる『偽薬』でよくなったケースもたくさんあります。◯◯さんにはその偽薬がよく効くんじゃないかと思うんです。偽薬がどういうものかをご存知ですか? 薬効成分が何も入っていない薬のことです。これで大勢の人の症状が軽くなっていますので、きっと◯◯さんにも効くと思います。 飲んでみますか?」 

 えーと、ウソは言っていないとして、患者が完全に理解したうえでのコトかというと、ちょと微妙な気も(^-^; でも「プラセボでプラセボ効果が得られるんですよ」って説明した上でプラセボを処方すれば、(メタ)プラセボ効果が得られる、ってのは、まあありえますよね。

 ただ、プラセボ効果を医療の中で有効活用することと、プラセボ効果があることをもってその行為の正当性を主張することとは全く別のことで、そこの切り分けができる仕組みをキッチリ持っておかないと、変なモノがあっさり紛れ込んでしまいそうで、ちょっとやだな。

 今回は全体を、というか目次を紹介するのがメインでしたが、時間があれば後日、いくつかの項目について個別に紹介していきたいと思います。

|

« 「電解水」がよくわからない。 | トップページ | 読書感想_デタラメ健康科学(2) デトックス »

代替医療」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/40659832

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想_「デタラメ健康科学_代替療法・製薬産業・メディアのウソ」:

» 恐怖症は治せます! [恐怖症が自分で改善できる!恐怖症完全改善プログラム]
諦めないで下さい!恐怖症は、決して治らない病気ではありません。恐怖症の改善、パニック障害やあがり症、に関連した症状について情報を集めました。 [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 22時04分

» [読書感想文][自閉症]デタラメ健康科学−代替療法・製薬産業・メディアのウソ [ベムのメモ帳Z]
デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ 作者: ベンゴールドエイカー,梶山あゆみ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2011/05/19 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 385回 この商品を含むブログ (13件) を見る 科学のふりをしたごまかしの正体!ホメ... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 11時34分

« 「電解水」がよくわからない。 | トップページ | 読書感想_デタラメ健康科学(2) デトックス »