« 「確信」の強さではなく「根拠」の強さが大事、ということ | トップページ | ムズカシイことを易しく見せることの副作用、みたいなものもあるのかも。 »

『水は答えを知っている』が入試問題に採用されたらしい(ただし、去年)

 だいぶ前の記事だけど、今日見つけた。
 詳しい内容とかは分かんないけど、とりあえずメモ。

I.H.M.WORLD
『水は答えを知っている』が入試問題に採用されました

 採用して頂いた学校は、村田学園小石川女子中学校です。
(中略)
本書に女性のジョアン・デイヴィスさん(元チューリッヒ工科大学教授)の記述があり、この部分が試験に引用されています。
 試験問題を作成された先生のお話では、「将来的に大学教授になる位の夢を持って欲しい」という気持ちを込めて本書の文章を引用されたそうです。

 引用部分からは、水伝の主張が入試問題になったわけではないようにも読めますが、「水は答えを知っている」の該当ページ(おそらくp.95〜)を見ると、けっこう危うそうです。

 ジョアンさんがいま研究しているのは、水処理の問題です。世界で一般的に使用されているような長いパイプで水を供給するシステムでは、そこを通る水の構造はあまり体によいものとはいえません。水に高い圧力がかかることと、まっすぐなパイプを流れるうちに水のクラスター(水分子がいくつか結合した集合体)が壊れて、水に含まれていたミネラル分が外に出ていってしまうからです。
 たくさんの人によい水を供給し、貧しい人でも使用できるカンタンな水供給のシステムを作るにはどうしたらよいか−ジョアンさんはそれについて研究を重ねています。たとえば水晶を使うことなどをジョアンさんは提案しています。水に小さな水晶を入れると、水の中のミネラルがよくキープされ、この水を与えると植物もよく育ちます。またマグネットを使ったり、蛇口の部分で水が円を描くような動きをもたせる、などの水処理の方法も研究しています。自然に流れる水のよさをどうやって生かすか、というのがジョアンさんの研究テーマのようです。
(中略)
 ジョアンさんは、水の結晶に関する研究について、次のように語ってくれました。
「水の結晶の研究については、たくさんの方からの声が届いています。この研究は、大切な示唆を与えてくれると思います。一つは、水にもっと敬意を表するべきである、ということ。もう一つは、水がとてもデリケートなエネルギーに反応するのだということを知ることができること。
(中略)
いずれにせよ、自然に流れている水ではなく、ビンにつめられている水は気をつける必要があります。水は流れたがっているのです」

 さらに、p.108から引用。

先に紹介したスイスの水質学者、ジョアン・デイヴィスさんは、次のような興味深い話をしてくださいました。
「ある物理学者がこういう実験をしました。太陽系の星の位置によって、水がどのように影響されるかという実験です。いくつかのミネラルが溶け込んだ水を使って、惑星がある特定の位置にきたときに、水が吸い取り紙をどうのぼるのかということを実験したのです。
 すると、たとえば土星が地球に強い影響を及ぼしているときには、鉛が反応を示しました。鉛が溶け込んだ水だけが、吸い取り紙をのぼってきたのです。銅や銀、鉄といった他の物質は反応を示しませんでした。
 この結果からいうと、土星は、鉛という物質にとても関係があるようです。金属は人間の持つ感情、ムードと共鳴します。そういうことからいえば、土星は怒りのエネルギーと強い関連をもっていることになります。
 占星学などでいわれてきた惑星の性格というものが、金属と連動している可能性があります」

 繰り返しますが、どんな引用のされ方、出題のされ方をしたのかは分かりません。ですがこの本を読んでなお引用したのであれば、また、水伝に対する評価をまったく調べずに引用したのであれば、かなり不用意なのではないかという気がします。
 確信的に引用したのであれば論外ですが。

<すぐ追記>
TAKESANさんのブログinterdisciplinaryのエントリ

「水伝の本が入試で引用されたという話」


ブクマコメ

『水は答えを知っている』が入試問題に採用されました|TAKE ACTION FOR JAPAN エモトピースプロジェクト

|

« 「確信」の強さではなく「根拠」の強さが大事、ということ | トップページ | ムズカシイことを易しく見せることの副作用、みたいなものもあるのかも。 »

水からの伝言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/44804968

この記事へのトラックバック一覧です: 『水は答えを知っている』が入試問題に採用されたらしい(ただし、去年):

« 「確信」の強さではなく「根拠」の強さが大事、ということ | トップページ | ムズカシイことを易しく見せることの副作用、みたいなものもあるのかも。 »