« 繰り返すべくして、繰り返す | トップページ | リスクとベネフィット »

雑感_iPS騒動

 山中伸弥教授のノーベル賞受賞の話題がかすんでしまった感があるのは、本当に残念なことです。

朝日新聞の記事より

読売新聞がおわび掲載 iPS臨床「誤報と判断」

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の臨床応用を森口尚史(ひさし)氏(48)が行ったとする読売新聞の報道について、同社は13日付朝刊で「同氏の説明は虚偽で、一連の記事は誤報と判断した」との見解を示し、「おわび」を掲載した。また、共同通信も「言い分をうのみにした」などとする検証記事を配信した。

 各社に先駆けて報じた読売新聞はこの日の1面で、森口氏の論文の「共同執筆者」とされる大学講師が論文執筆に関与していなかったことや、研究成果について米ハーバード大の関係者らが真実性を否定していることなどを根拠に虚偽と判断したと説明。「iPS心筋移植」などと報じた11日付朝刊1面や関連記事、同日付夕刊1面などの記事に誤りがあったとした。

産経ニュースより

「iPS細胞」で虚偽発表の森口尚史氏、その素顔は… 恩師も処分の対象へ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)による世界初の臨床応用という虚偽の発表をした東大病院特任研究員、森口尚史氏(48)について、東大は懲戒解雇処分にした。森口氏は移植手術について「1件はやった」との主張を崩していないが、東大は少なくとも5件は虚偽だったと判断、「大学の名誉、信用を著しく傷つけた」とした。

(中略)

 肩書の詐称や論文の盗用疑惑も浮上している。東大医学部iPS細胞バンク研究室所属、ハーバード大客員講師…。東大などによると、いずれも虚偽だった。英科学誌「ネイチャー」は森口氏の過去の論文に、ノーベル賞受賞が決まった山中伸弥京大教授の論文を盗用したとみられると指摘した。

 また、森口氏は国が助成したプロジェクトから昨年2月~今年9月、計967万円を人件費として受領していた。だが東大病院によると、同病院では助成の対象とされたiPS細胞の凍結保存は行われていなかったとされ、内閣府が調査を進めている。

(中略)

 森口氏の問題は、恩師である東京医科歯科大の佐藤千史(ちふみ)教授(63)らにも及ぶ。

 問題となった臨床応用に関する論文など計20本の共著がある佐藤氏について、同大の調査委員会は16、18日に聴取。佐藤氏が「論理的に間違っていないかアドバイスをしただけ」と証言したため、同大は「研究の中身について検証せず、共著となることはありえない」と判断し、処分の対象とする見通しだ。

 最初に臨床応用のニュースを読んだのは、山中教授がノーベル賞を受賞した直後ぐらいだったと思います。その時は特に細かく中身まで見なかったので、特に驚きも疑いもなく、「予備研究かなにかの報道かなあ」くらいに思っていたのですが、どうやらまったくの誤報であり、まったくの虚偽だった、というところで落ち着きそうですね。

 ご本人は「1件はやった」とがんばっているみたいですが、5件が虚偽だった時点で発言の信頼性はほとんどゼロまで低下しているわけで、ここから挽回するのは無理でしょうねえ。

 世間の注目が集まっている中で発生した問題だけに、いろいろなところで取り上げられていますが、不思議がられているのが「なんでこんなすぐ分かるウソをついたんだろう」というコト。私もとても不思議です。発覚後の本人の対応を見る限り、このような事態をまったく想定していなかったように見えます。

 森口氏の過去の研究や論文の正当性にも疑問が出ているようで、もしそれらにもねつ造や歪曲が含まれていたとしたら、過去の成功体験の積み重ねが本人の判断基準を狂わせていたんでしょうか。

 最初はすごく小さなところから始まったごまかしが、歯止めなくエスカレートしていってとうとう大暴発した、というコトかも知れません。

 どこでブレーキをかけるかは人によって違うのでしょうけど、今回の事例はどうも、崖から落ちるまでアクセルべた踏みだったのかな。

 ちょっと脱線。

 「個別の事例(成功体験)は、そのものの有効性を示す証拠にはならない」というのは、例えば代替医療の問題などでもしばしば言われるコトですが、成功体験は確信を補強するだけではなくて、しばしば主張や行動をエスカレートさせるものなのだというのも、注意をしなくてはいけないポイントですね。科学的な検証を拒否する一部の代替医療などは、ブレーキなしの車に乗っているようなものですし。

 さて、今回の問題について、森口氏個人の性格に帰結させるような論調もごくごく一部にあるようです。

女性セブン2012年11月1日号より

iPS虚言の森口尚史氏は「100mを5秒で走れる」と嘘つく子供級

 ひたすら自分を嘘で塗り固めてきたともいえる森口氏。なぜ、彼はこんなに嘘をつき続けるのか。その理由を、駒沢女子大学教授で心理学者の富田隆氏が解説する。

「嘘をついて自身を誇大化させる人物というのは、認められたいという欲望が人一倍強いが、実績がない人間に多いです。“100mを5秒で走れる”と嘘をつく子供と同じで、理想に向かって努力せずに嘘で人々の羨望を得ようとする。

 つまり“幼児性”が強いまま大人になったケースです。医学という専門分野なので、なじみのない一般人にはバレにくい環境だったことも、彼の虚言癖に拍車をかけたのではないでしょうか」

 えーと、本人の問題がないとは言いませんけど、個人の虚偽がこんな大騒ぎにつながっているのは、明らかに既存のアカデミーならびにマスコミのシステム上の問題じゃないんでしょうか。

 物事は様々なリスクやベネフィットが絡み合っていますから、システムが悪いから直せ、なんて単純に言える問題じゃないかもしれません。だけど少なくともマスコミには、性善説にのっとった無邪気な報道はしないで欲しいな、と感じた騒動でした。

 悪者探しをして終わりにするんじゃなくて、ぜひ、きちんと再発防止につながるまで検証作業を進めて欲しいですよね。

 

|

« 繰り返すべくして、繰り返す | トップページ | リスクとベネフィット »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/47527909

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感_iPS騒動:

« 繰り返すべくして、繰り返す | トップページ | リスクとベネフィット »