« 言葉の意味は移り変わるものだけど | トップページ | 雑感_iPS騒動 »

繰り返すべくして、繰り返す

琴子ちゃんのお母さまのブログ、助産院は安全?の記事を拝見しました。


助産師会、全く反省の色なし。
この一言しかありません。
(中略)
いろいろな問題は解決しないまま、ただ「あれはやめたから」だけで、相手変えず。要するに、根底にある思想からの見直しが全くされていないということです。
(中略)
助産師の方たちはどうして「病院」というところへは意識が戻らないのですか? 医療はそんなにダメですか? 医療という言葉、病院というだけで、「不要な介入」という意識にしかなれませんか? こういうことに時間やお金を使うのならば、なぜ、危険な状態をいかにして察知するかのための研修や研究、そして勉強に使わないのでしょうか?
(中略)
なぜ、思想からして医療以外のものに支配されないといけないのでしょうか。
 
 「反省の色なし」とは、山口県で起きたK2シロップ不投与事件を指しています。詳細は、琴子ちゃんのお母さまの記事の各リンク先や、Skeptic's Wikiの関連ページをご覧ください。
 簡単に言うと、ホメオパシーに耽溺した助産師が、乳児にたいして有効であることがきわめて明らかになっているK2シロップを与えず、代わりに効果がないことが明らかな「K2レメディ」(※1)を投与し、結果として赤ちゃんを死なせた事件です。
 当該助産師は行動に際して親御さんには何も知らせず(※2)、母子手帳にウソの記載をして担当医師をだましていました(※3)。
 
 ホメオパシーで事件が起こって、問題になって、ホメオパシーはまずいらしい、って思って、でも、本当に何がまずいのかは理解していなかった、というコトですね。
 ホメオパシーは結果として悪かった。
 でも、ホメオパシーを選択するにいたった、自分たちの方法論・考え方に何のまずさがあったのかについて、あまり自省は働かなかった、そんな印象。
 
 中学校時代のことを、思い出します。
 柔道場にクラス全員が集められて、先生から言われました。「お前ら、何が悪かったのか自分でよく考えてみろ」って。
 私はそのときこう感じました。「よく考えてみるもなにも、あんたが事情を知らないだけじゃん。なんも分かってないからそんなこと言ってんでしょ」って。
 よく考えたら、会社で上司から怒られるときも、そんな風に感じてるかも(^-^;
 たぶん、同じなんだろうと思います。
 「あんたら、なにを分かってるんだよ」って。
 
 わたしは、そしてたぶん多くの人は、自分が他人に対してなにかを言うときに、自分の発言がどれだけ正しいものなのかを気にします。
 私の言ってることは、どれだけの事実に裏打ちされているんだろうって。
 自分が言ったことに対して、相手はいったい、どれだけ影響を受けるんだろうって。
 「で、あんたはなぜそう思うの?」って聞かれたときに、自分はどれだけ掘り下げて説明できるんだろうって。
 でも、そうじゃないヒトも、いるのかもしれません。
 そしてこう思っているのかも。「あんたら、なにを分かってるんだよ」って。
 
 逆に、あなた達はなにを分かっているの?
 
 気持ちはたぶん、みんな同じなんですよね(※4)。
 「赤ちゃんが、無事に生まれてくれますように。」
 「すくすく、健康に育ってくれますように。」
 
 でもそのことを真剣に、死に物狂いで考えて、出てくる結論は「ホメオパシー」とか「誕生学」(※5)とか、そんなもんなんでしょうか。
 
 「組織」の存在意義は、組織員の意思と行動を統率し制限することにあります(良くも悪くも)。
 医療行為を否定する助産師はごく一部だと思います。でも、そのごく一部に対してどう対応するのか、それが過去、事件の際に、各ホメオパシー団体の評価を決定づけたのだということ、そして今、助産師会に対する評価を決定づけるものなのだということ。
 
 そういった認識、ちゃんとあるんでしょうかねえ。
 
 
<注釈>
※1
 K2レメディにK2シロップと同様の効果がないことは、助産師が所属していたホメオパシー医学協会が明らかにしています。
※2
 この事件は裁判となっており、助産師側は、親御さんの希望でレメディを投与した(リスクの説明をした)と主張しています。
※3
※4
 「気持ちはみんな同じ」だと思っていないヒト、「自分の方が真剣に考えている。周りは真剣に考えていない」と思っているヒトが、往々にして問題を起こしているような気がします。
※5
 医療の拒否につながらない範囲、母子のリスクを上昇させない範囲でなら、「誕生学」の思想自体はもしかしたら有意義なものであり得るかもしれません(他のいろいろなモノがそうであるように)。でもそれを保障するための自省だとか、仕組みづくりだとか、必要なもの、そして今は欠けているものが、多そうです。

|

« 言葉の意味は移り変わるものだけど | トップページ | 雑感_iPS騒動 »

ニセ科学の害」カテゴリの記事

ホメオパシー」カテゴリの記事

代替医療」カテゴリの記事

善意と正しさとニセ科学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/47366695

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返すべくして、繰り返す:

« 言葉の意味は移り変わるものだけど | トップページ | 雑感_iPS騒動 »