« カテゴリー分けを見直してみた | トップページ | シャープの掃除機に、景表法第6条に基づく措置命令 »

NHKスペシャルでがんワクチンが取り上げられていた

 一昨年のことですが、知り合いのお父様がガンで亡くなりました。
 発見されたときには末期で、少しでも延命を目指して副作用の大きい治療を選択するのか、痛みの緩和を重視した治療を選択するのか、大きな葛藤があったそうです。
 最終的にはご本人の希望を尊重し、ペインコントロールしながら自宅で生活を続け、最期は家族にみとられました。
 
「父にいい加減な民間療法を勧めてくる人たちに憎しみを抱いたことがある」
 普段は穏やかなその知り合いは、語気を強めてそう言いました。
「善意なのは分かるから何も言わなかったけれど、それでも自分の気持ちを抑えられなくなりそうなことが何度かあった」と。
 知り合いは、そしてお父様はそのような民間療法を選択することはなく、通常の医療を受けながら家族との充実した時間を大切に過ごされ、その選択を後悔しなかったとのことです。
 しかし、生死の狭間にたたされて、誰もが冷静な判断ができるわけではありません。
 ワラにもすがりたい患者さんを惑わせ、判断を狂わせるような怪しい情報に対しては、社会として批判の声を挙げていくことが重要だと思っています。
 
 NHKスペシャルで、がんワクチンの特集が組まれていました(※1)。
 ネットで「がん」「ワクチン」で検索すると、怪しいものがちらほら混じっていたりするのですが、この番組で紹介されていたものはきちんとした治験を実施している、少なくとも手続き上はきちんとしたものです(効果は現在のところまだ明らかではありません)。
 手術、放射線治療、化学療法に続く第4の治療法として期待されているとのことで、有望なものについては一刻も早く治療法が確立され、多くのかた達の支えになって欲しいと願わずにはいられません。
 
 私に医療の専門知識はないのですが、その私の目で見たかぎりでは、番組はバランスのとれた、慎重な紹介の仕方でした。まだ治験の段階であり、効果がきちんと確認された訳ではないことが強調され、効果があるように見えるケース、効果が無いように見えるケースの両方が示されていました。
 
 ただ、実際に治療を受けていたかたはやはり、この新しい治療法によって救われるのではないかという大きな期待と、治療を続けていてもなかなか効果に結びつかないことに対する絶望とのあいだで葛藤しておられて、見ていて胸が締め付けられる思いでした。
 なお番組では「効果が見られないのは被験者がプラセボ群(比較対照群。無効果であることが明らかな偽薬を、そうとは知らずに処方されるグループ)に割りふられたから」と受け取られてしまいそうな部分がありましたが、そもそも治験段階ですから、治療そのものに効果があるかないか分かっていませんし、一般の、効果が明らかな治療であっても、効く人と効かない人がいるのは普通にあることです。
 
 がんワクチンが非常に有望視されていることは間違いのないところでしょう。そして、実際に有効性が確認され、正規の治療に取り入れられていく可能性は高いだろうと思います。
 それでもなお現段階では、がんワクチンは最終的に効果が認められないかも知れない不確かな治療法です。安定した効果が見込める治療が他にあるなら、それを投げ打ってまで治験に参加するべきかどうか、慎重な判断が必要です。
 
 医療(科学)は進歩し続けますが、そのスピードは、今まさに解決を望んでいる人たちにとってじれったいものに映るかも知れません。5年後10年後には当たり前に使われ、当たり前に効果を発揮するかもしれないモノが、今の私たちにはどうしても手に入らない。それはなんとモドカしいことでしょう。
 でも私たちは現状を受け入れ、その中で、私たちが望みうるベストの選択をしなくてはなりません。がんワクチンがどんなに有望だったとしても、今あえてそれを選択することは一種の賭けなのだということを認識しておく必要があります。
 まして、治験どころかその前段階での有望ささえ示すことのできない民間療法、代替医療などを選択することは、あまりにも分の悪い賭けと言わざるを得ません。
 
 「今の科学では解明されていないだけ」
 
 なんて空虚なコトバなんでしょう。
 
 どうか人々が根拠のない甘言に惑わされることなく、自分の意思に最も近い選択ができる世の中でありますように。
 そして私自身が選択を迫られる立場になったときには、冷静に正しい判断ができる自分でありますように。
 
 
<注釈>
※1
 番組の主な内容をまとめておきます。
  • がんワクチンは、まだ研究段階だが、手術、放射線、化学療法に続く第4の治療法として注目されている。
  • 日本ではすい臓がんワクチンが治験の最終段階を迎えている。他にも食道がんや肺がん7種類で治験がスタートしている。
  • 副作用がほとんど無く夢の治療薬と呼ばれている。
  • 新薬開発の流れは以下の通り。
  • 基礎・臨床研究→治験(第I相:安全性 第II相:有効性 第III相:比較)→申請→審査・承認→新薬
  • すい臓がんワクチンは基礎・臨床研究(末期患者31人への投与)の段階で延命効果が見られた(非治療群は半年で全員がなくなったが、がんワクチンを投与した治療群は半年後に4割生存、3人が1年生存)。
  • 第III相の治験では、参加者の1/3にプラセボ(偽薬)が投与され、医師および患者はどちらが投与されるか知らされない。
  • 治療は週に一度の注射だけで、入院の必要は無い(治験の期間は2年間)。
  • 全国40箇所、300人の患者が参加。誰もが受けられるわけではなく、年齢や治療歴、血液検査の値など、50項目に上る厳しい条件がある。特に、白血球の型(HLA)によってはがんワクチンの効果が期待できない。
<治験に参加した男性のコメント>
 全国で、このがんで苦しまれている方がたくさんいらっしゃると思うんです。本人さんのみならず家族の方もやっぱり苦しんでおられるんですね。その薬が世の中に出るということが、どれだけ人々を笑顔にさせてくれるかいうのを思いましたね。だから私もこれにかけているんです。絶対に治して見せると。
(再検査をクリアして治験が実施されることになった後)
 よかった、これで生き延びられるかもしれへん。よかった。まだスタート地点ですけどね。これでまた、希望が見えてきました。
 
  • がんワクチンは再発予防効果も期待されている。
  • 今年の2月に治験の最終段階までいったものがあったが、それは有効性が確認できず、だめになった。
  • アメリカでは日本に先駆けてがんワクチンが認可される(2010年4月 前立腺がんワクチン)とともに、がんになる前に打って発症を防ぐ予防ワクチンの開発も進められている。
  • アメリカでは国と製薬会社が一体となって研究を進めており、NIH(アメリカ国立衛生研究所)が研究から治験まで一連で行う。日本の場合、国の援助は研究までで、治験は製薬会社が行う。しかし莫大な資金が必要となるため、多くは利益が見込めるものしか行われない。国がどうサポートしていくかが課題。
  • 国はバックアップを始めており、治験の第II相まで、今年度13億円の補助を行っている。
  • 患者団体が寄付を募り、研究費を提供する動きも出てきている。
  • がんワクチンは作用が出るのが遅く、半年後くらいから効果が見られる場合もある。
  • 最終治験は今年始まっており、治験が終了するのが2年後。製品化されるのは早くて4年後。
  • ある病院では7人が治験に参加していたが、4人は病状が悪化し、治療を中断した。
<治験に参加した女性のコメント>
 家族と一緒にわあわあ、きゃあきゃあ言いながらすごしていけたらいいなと思います。

|

« カテゴリー分けを見直してみた | トップページ | シャープの掃除機に、景表法第6条に基づく措置命令 »

代替医療」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/47976131

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャルでがんワクチンが取り上げられていた:

« カテゴリー分けを見直してみた | トップページ | シャープの掃除機に、景表法第6条に基づく措置命令 »