« 商品はふつうなのだけど | トップページ | 慣れているほど気づかない »

「現代科学では解明されていないけれど効果がある」

 久しぶりにメタな感じで。
 代替医療を例にして書きますが、普遍的に当てはまる事だと思います。
 
 「科学的には証明されていないけれど、確かに効果があるんだ」という主張に対して、「『効果がある』という主張も、科学的な裏付けがあってはじめて言えること」みたいなコトを以前こちらの記事で書きました。
 
 
 これは「効果があるかないかは、科学的に検証可能である」ことを前提としています。確かめれば分かる事なんだから、確かめてから言いなさいよ、ってコトですね。
 
 一方でニセ科学、あるいは非科学を「効果がある」と信じて利用なさっているかたたちの中では、「科学的には証明できないけれど、効果があるケースもある」ことが前提になっている場合がありそうですよね。
 たぶんこんな感じ。
 
(1)
「大半の人には効かないけれど、ごく一部の人にだけ効果があるものが、見落とされてしまっている(そして自分たちはその一部なのだ)」
(2)
「ある特定の条件でのみ効果を発揮するものが、別の条件で検証されたために見落とされてしまっている(そして自分たちはその条件を満たしているのだ)」
(3)
「効果を打ち消すようなもの・環境の存在によって、本来の効果が失われてしまっている(そして自分たちは、その害を取り除いて実行しているのだ)」
(4)
「本当は効果がある事が証明されているのに、政府や製薬会社の陰謀で(以下略)」
 
 わけて書いてみましたけど、(1)〜(3)はけっきょく「条件さえ整えてやれば効くんだけど、その条件を見逃しているから効かないと誤解されているんだ」ってことです。(4)は、まあ措いて(^-^;
 んで、こういった理由で、本当は効果があるものを見逃してしまうものかどうかを考えてみました。
 
 「条件」が明らかになっている場合、検証は簡単ですよね。その条件を制御して検証すればOK。
 たとえば「『西洋医学』と併用すると、効果が失われてしまう」んだったら、西洋医学を用いずに治療した場合とそうでない場合とで、違いがあるかどうかを検証すればいいわけです。
 有効と見なされている医療を適用せずに治験を行うのは倫理的な問題を伴いそうですけど。
 
 んじゃあ、条件が明らかになっていない場合はどうでしょう。その場合も、確かめられないことはないような気がします。こんなやり方とか、どうでしょう。
 
(1)
 最初に、不作為に対象を選び、予備試験を行う。
(2)
 「効果が見られた」と判断された人だけを集めて、本試験を行う。
 
 フルイにかけるような感じで、繰り返せば繰り返すほど効く人の割合が増えていくはずですよね。うまくいけば、効果が立証できる上に、効果を得るための条件も明らかにできるんじゃないでしょうか。
 
 特殊な条件下で、とか、一部の人だけに、とかいうものが、より普遍的に効果のあるものよりも検証しにくいのは確かですよね。
 ってか、専門の訓練を受けていない一般人にはそもそも検証作業自体ムリ。
 でもそれをメシの種にしている業界団体、あるいは少なくとも広報活動を行っているヒトや組織は、コストをかけて検証をおこなっていくべきですよね。ほんとに効果があるなら工夫次第で立証は可能だと思うし、可能でないなら、可能にしていくための努力が必要です。
 そういう取り組みがキチンとおこなわれている、ってことが見えてこないと、「やっぱ効果がない事を分かった上でやってんのかなあ」とか、「ああ、『西洋医学』や『現代科学』を目のカタキにしてるのは、効かなかった時のいい訳なのね」とか、感じちゃうわけです(^-^;

|

« 商品はふつうなのだけど | トップページ | 慣れているほど気づかない »

ニセ科学考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204975/48854592

この記事へのトラックバック一覧です: 「現代科学では解明されていないけれど効果がある」:

» ベジライフ酵素液口コミ [ベジライフ酵素液口コミ]
ベジライフ酵素液の口コミ評判を集めました [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 11時55分

« 商品はふつうなのだけど | トップページ | 慣れているほど気づかない »