シュミのお話

 

どらねこさんのうpした写真に触発されて。

 って、触発されたのはだいぶ前なんだけど、忙しさにかまけてのびのびにしてしまいました(^-^; 

 テーブルトークRPGでは色々な判定でダイスを使います(※1)。「サイコロ」って言ったほうがとおりがいいと思うけど、ゲームでは「ダイス」っていいます。

 コレはカッコ付けてるわけじゃなくて(いや、それもちょっとはあるかもw)、「サイコロ」って表現したときに連想する、いわゆる正六面体ではない、ちょっと特殊なモノを使っているからです。
 4面体、6面体、8面体、10面体、12面体、20面体・・・
 パッと想像しにくいものもあるかと思うので、写真付きでご紹介。

続きを読む "シュミのお話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロックをがんがんに鳴らしながら読めばたぶん平気

 さいきんテンション下がり気味・・・ちょっと軽い?話題で。

 テレビを見てたら、チリの鉱山落盤事故のニュースで、「歌の力」とか言ってました。閉じ込められ、食料もなくなっていく中で、何回も絶望に駆られ、パニックになったり諍いが起こったりしたけれど、みんなで一緒に歌うことで気持ちを鼓舞し、連帯感を強め、33人の救出につながった、歌の力って素晴らしい! みたいな内容でした。
 確かにそういうこともあるのかも知れませんね。少なくとも一体感を高める効果はありそう。まあ、今の日本だと、みんなが知っている歌を見つけるのもひと苦労かも。

 「歌の力」で思い出したのが、kikulogさまの「日本ホメオパシー医学協会にダメだしされる」エントリ内、うさぎ林檎さんのコメントで紹介されていた「テーマソング」(※1)。・・・あ、こっから先は自己責任で。

続きを読む "ロックをがんがんに鳴らしながら読めばたぶん平気"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホメオパシーを医療と並行して活用する方法

 いっこ、ネタを思いつきました。・・・って、ちがうちがう、ネタじゃなくって、すっごいマジメな提案ですよ?(でもカテゴリーはネタ)

 世の中に存在する、あらゆる医薬品・治療に対して、それらを希釈してレメディを作り、通常の治療を受けつつ、該当のレメディを服用する、というのはどうでしょう?(医療行為のレメディも作れますよね? 葛飾北斎のレメディが作れるくらいだもん)
 きっと、レメディが副作用を相殺して、医療の効果だけが享受できるんではないでしょうか。

 なんせ、様々な物質の良い影響も、不純物の影響も関係なく、該当物質の毒性だけを希釈・振蘯によって効果に転化できるホメオパシーですもの。きっと医薬品を希釈してレメディを作れば、それは医薬品の副作用だけを消し去ってくれる魔法のような効果を発揮するに違いありませんっ!
 万が一効果まで失われてしまうことがあっても、最悪プラマイゼロでしょ?

 wikipediaにも、こう書かれています。

ホメオパシーは、「健康な人間に与えたら似た症状をひき起こすであろう物質をある症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論およびそれに基づく行為である。

 ホメオパスやホメオパシーを利用している人にとって、医薬品はという認識ですから、もう問題なくホメオパシーの理論が適用できるだろうと思います。

 ホメオパシー団体がことごとく、「私たちは現代医療を否定していません」という見解を表明しているにもかかわらず、世の中には医療を否定するヒトたちがいっぱいいます。フシギですね。
 そんなカン違いを蔓延させた張本人はどこのどいつだっ! っていう追及は取り敢えず措いて、現代医療を否定していないホメオパシー団体の方々には、ぜひ真剣に取り組んでいただきたいなあ、って思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄は答えを知っている

 まだまだひっぱるよーw
 で、パロってみた。

******

 トツゼンですが、あなたは今、幸せですか?
 え、幸せ? そうですか・・・
 ・・・・・・・
 ・・・って、ハナシが終わっちゃうじゃないですかっ!!

 私たちは、日々の生活を送るだけでも疲労困憊、ですよねっ、ね?。
 朝、納豆を音速でかき混ぜてたら愛用のおハシが折れちゃったりとか、ドシャブリの中、無理して出かけたら10分後にキレイさっぱり雨が上がって、晴れ渡る街の中でぬれネズミとか、首を寝ちがえちゃった日に限って職場でレイアウト変更があって、ヒイヒイ言いながら机運んだりとか、目の前で電車が行っちゃって、ああ、あの信号待ちさえ無ければっ! とか、フタを開けるときに力が入りすぎて紅茶の葉っぱドバァッとか・・・ああぁぁ、私のアッサムティがぁ(泣)

 いったい、誰が世界をこんなふうw にしてしまったのでしょうか(ヒント:最初から)。みんな、大切なコトがなんなのか、自分の幸せがどこにあるのか、見失ってしまっています。その切実な問い掛けに、果たして答えなどあるのでしょうか。

 今日はミナさんに、唯一絶対の答え、の中のひとつ、を示したいと思います。

 私が言いたいのはつまり、「鉄サイコー!」ということなのです。

 ・・・えーと、「私ゃ鉄オタ! ノりまくるぜっ! トりまくるぜっ!」という意味ではありません。鉄道博物館は一度行ってみたいけど。

続きを読む "鉄は答えを知っている"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ニセ・ニセ科学【ネタ】

 長いけど、ただのネタです(^-^; ヒマをもてあましたときにどうぞ。

 「安全じゃなくて安心」,良く聞くフレーズですよね。原発だとか,狂牛病だとかの問題に絡めて,時々耳にします。
 安心を求める気持ちにどうやって答えるのかと言う,情報の発信側の問題としては考えるべきポイントかとおもいますが,安心を求めてホメオパシーに走っている人を見ると,ちょっと複雑な気分。
 安心って安全の上に成り立つものだと思うのですけど「安心できさえすれば、危険でも構わない」までイッちゃってるような・・・ 多分「健康のためなら死んでもかまわない」ってのと同様なんでしょうけど。
 相当ムチャやっても死なない社会で暮らしているから、でしょうかねえ。

 普通に考えれば(ニセモノでない)科学であったり、宗教であったり、いくらでも安心を与えてくれるモノはあるように思えるのですが、多分それらでは満足できないココロの状態がある、というコトなのでしょう。
 なんとなく想像はできるような気がします。常に限界(適用範囲)が存在し、結果を100%保証してくれない科学と、不幸を「試練」のひと言で済ませてしまって、戒律ばかり厳しくて現世利益をもたらしてくれない宗教(※1)。要するにイイとこどりしたいんですよね。
 ニセ科学は、科学の効果も、宗教の安寧も得られない、いわばバチモン(byうさぎ林檎さん)ですが、それらが得られているような気分にはさせてくれる。
 楽して夢見る、という意味では、宝くじや占い、ギャンブルの延長線にあるモノで、プラセボ効果が得られる分、幸福感は大きいのでしょう。

 個人でハマっている分には「お幸せにね」で済む(※2)のですが、実際には社会に大きな悪影響をもたらしている、又はもたらす可能性があります。
 ニセ科学みたいに害悪にならず、ある程度の幸福感をもたらしてくれるモノを作れないかどうか、考えてみました。言ってみれば現代版イワシの頭。

 「ニセ科学がダメなら、イワシの頭を信じればいいじゃない」

 実効が無いのはニセ科学もイワシの頭もおんなじなんだから、できないことは無い・・・かな?

続きを読む "ニセ・ニセ科学【ネタ】"

| | コメント (13) | トラックバック (1)

「いや,そんなことないって。アンタだってかわいいじゃん」

 ちょちょんまげさんのブログ,東海林さだおがいいなぁのエントリ,猫パンチにくろすかうんたーより

「ニセ科学批判猫派」
http://complexcat.exblog.jp/ (complex_catさん)
http://blogs.dion.ne.jp/doramao/ (どらねこさん)
http://t2sy8u.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-aeac.html(ハブハンさん。ブログの背景が猫だた)

 おおぅっ,ネコ派にされてる!

 いや、まあ,ネコは好きなんですけどね。でもイヌも好きなんですよ?
 あんまり,イヌ派だとかネコ派だとかで争って欲しくはないんです。
 だって,空しいじゃないですか。ネコ派とイヌ派でどんなに争ったって,結局最後は・・・

続きを読む "「いや,そんなことないって。アンタだってかわいいじゃん」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ニセ科学の深刻度を測る基準を検討してみる【ネタ】

 前回のエントリ「マクロビについてのちょっとした感想」のコメント欄で、どらねこさんからこんなご示唆をいただきました。

ニセ科学の一次予防、二次予防、三次予防など考えて纏めてみたら役に立つかも知れませんね。

 おお、オモシロそう!
 私は真っ先に災害対策を思い浮かべました。深刻度に合わせて対策のレベルを引き上げる、というイメージがぴったりはまります。

 こんな感じで、組織的なニセ科学対策の実施計画を策定できそうですね。
(1)ニセ科学の深刻度を評価する方法を決定する。
(2)各深刻度における対応策を策定する。
(3)各ニセ科学に対して深刻度評価を実施し、対応策を決定し、実施する。

 取っ掛かりとなるニセ科学の深刻度評価方法について考えてみました。っと、あくまでネタですからね。軽いブレインストーミングのつもりで。

続きを読む "ニセ科学の深刻度を測る基準を検討してみる【ネタ】"

| | コメント (4) | トラックバック (0)